2017年11月06日

あっきーとよぴこの3連休!その1

まいど、あっきーです。




11月3日の文化の日を含む3連休。
2週連続で台風が上陸したおかげで、どこにも行ってないし、何もしてない2人です。
鬱憤を晴らすように、外遊び​を楽しんできましたよ。





まず​キャンプ​。
ススキが綺麗な季節です。
自宅から車で1時間のところに、​生石高原​とゆうススキの名所があります。
我々の借りたサイトは1泊2,050円。
広大な土地にススキが生い茂り、格安でキャンプまでできる。

実は初めて利用しました。
自宅から1時間て、旅行感がないじゃないですか?
どうせお金を払うなら、旅行感を味わいたいと、避けてきました。
でも、和歌山で綺麗なススキを見るなら生石高原です!
もう行くしかないでしょ!



とゆうことで行ってきました。

AE12C1F9-57F2-49F9-A21D-F50236C53EA8.jpg

CB759D82-1F7F-4B99-AA08-3E04826737F6.jpg

高原とゆうくらいですから、そこそこ高いです。
ススキ越しに見る景色ええでしょ?
11月ですから寒いと思いきや、テントを張ってると暑いくらい。
夜は冷えると思うので、写真のように焚き火の用意もしました。



テントとタープを張り終えた我々は、景色を見ながらビールで乾杯。
至福の時です。
でも、綺麗な景色ではお腹は膨れません。
お昼ご飯は、ロッジで食べることにしました。

しかしススキの綺麗な観光シーズン。
ロッジは混み合っています。
名物の卵かけご飯とミニうどんの定食が出来上がったのは、食券を買って1時間後のこと。
食べ終わったら昼の2時すぎでした。



定食を待ってる間、よぴこは売店をうろうろ。
和歌山の名物、有田のみかんを購入。
そして、銀杏も。
テントに戻った我々は、フライパンで銀杏を炒って、またもや乾杯。

B6C58DD6-95F0-46BB-A609-B2E04AC57FA4.jpg

すんげぇ美味い!
熱々の銀杏の殻を剥き、塩をつけて食べました。
少し早いですが、焚き火をしながらいただきました。





しかし…
​することねぇな。

​いや、ススキを見に来てるんですけどね。
ロケーションて大事じゃないですか?
こちらとしては夕陽に照らされるススキ、月夜のススキを待ってるわけですよ。
でも日没まであと2時間くらいあります。
​飲むしかないでしょ。



なんて言ってる間に陽が傾き、そろそろススキの野原を散歩と洒落込みました。
夕陽とススキです。

07966CF8-9C07-4092-A7BE-88F6E2054DD8.jpg

わかりますか?
中心で赤く見えるのが夕陽です。
そう、この日は曇っていたのです…。
もちろん月も星も見えません。
近いうちにリベンジせねば!





そして夜が更け、少し肌寒くなってきました。
でも大丈夫。
ストーブを持ってきました。

7D5AB93B-188B-43A0-8F24-787F66A46B7D.jpg

そしてドーム型タープ。
寒さなど皆無です。
このストーブはオールドストーブで、トヨトミのレインボーストーブです。
全開で灯すとかなり明るく、照明の役割もしてくれます。
そして何より幾重にも重なる、虹のような光がロマンチック。
買って良かったです。



晩ご飯は鍋。

03A2FFAA-121C-46F2-B487-9966CA41236C.jpg

ロマンチックなストーブの灯りの中で食べる鍋は絶品!
〆の蕎麦も美味しかったです。



タープの外に出ると綺麗な夜景が…

318BFC80-8377-47B0-877E-EC11B70B7C3C.jpg

まあ和歌山ですから、こんなもんです。
なんなら多いほうです。



酔っ払った我々は、今度はテント内でくつろぐことに。
カセットボンベ式のストーブを灯し、よぴこはワイン、あっきーはホットウイスキーです。

B7C2E0B7-9ADF-41AB-852F-6480672678C7.jpg

テント内もポカポカ、コールマンのガスランタンも雰囲気を演出。
お気に入りのスタンレーの水筒は、保温力も高くオススメです。



眠くなってきましたが、時刻はまだ夜の9時半。
明日の朝陽に照らされるススキに期待して、早めの消灯。
2日目に続きます。


あっきー。
posted by あっきー&よぴこ at 23:29| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする