2017年11月06日

あっきーとよぴこの3連休!その1

まいど、あっきーです。




11月3日の文化の日を含む3連休。
2週連続で台風が上陸したおかげで、どこにも行ってないし、何もしてない2人です。
鬱憤を晴らすように、外遊び​を楽しんできましたよ。





まず​キャンプ​。
ススキが綺麗な季節です。
自宅から車で1時間のところに、​生石高原​とゆうススキの名所があります。
我々の借りたサイトは1泊2,050円。
広大な土地にススキが生い茂り、格安でキャンプまでできる。

実は初めて利用しました。
自宅から1時間て、旅行感がないじゃないですか?
どうせお金を払うなら、旅行感を味わいたいと、避けてきました。
でも、和歌山で綺麗なススキを見るなら生石高原です!
もう行くしかないでしょ!



とゆうことで行ってきました。

AE12C1F9-57F2-49F9-A21D-F50236C53EA8.jpg

CB759D82-1F7F-4B99-AA08-3E04826737F6.jpg

高原とゆうくらいですから、そこそこ高いです。
ススキ越しに見る景色ええでしょ?
11月ですから寒いと思いきや、テントを張ってると暑いくらい。
夜は冷えると思うので、写真のように焚き火の用意もしました。



テントとタープを張り終えた我々は、景色を見ながらビールで乾杯。
至福の時です。
でも、綺麗な景色ではお腹は膨れません。
お昼ご飯は、ロッジで食べることにしました。

しかしススキの綺麗な観光シーズン。
ロッジは混み合っています。
名物の卵かけご飯とミニうどんの定食が出来上がったのは、食券を買って1時間後のこと。
食べ終わったら昼の2時すぎでした。



定食を待ってる間、よぴこは売店をうろうろ。
和歌山の名物、有田のみかんを購入。
そして、銀杏も。
テントに戻った我々は、フライパンで銀杏を炒って、またもや乾杯。

B6C58DD6-95F0-46BB-A609-B2E04AC57FA4.jpg

すんげぇ美味い!
熱々の銀杏の殻を剥き、塩をつけて食べました。
少し早いですが、焚き火をしながらいただきました。





しかし…
​することねぇな。

​いや、ススキを見に来てるんですけどね。
ロケーションて大事じゃないですか?
こちらとしては夕陽に照らされるススキ、月夜のススキを待ってるわけですよ。
でも日没まであと2時間くらいあります。
​飲むしかないでしょ。



なんて言ってる間に陽が傾き、そろそろススキの野原を散歩と洒落込みました。
夕陽とススキです。

07966CF8-9C07-4092-A7BE-88F6E2054DD8.jpg

わかりますか?
中心で赤く見えるのが夕陽です。
そう、この日は曇っていたのです…。
もちろん月も星も見えません。
近いうちにリベンジせねば!





そして夜が更け、少し肌寒くなってきました。
でも大丈夫。
ストーブを持ってきました。

7D5AB93B-188B-43A0-8F24-787F66A46B7D.jpg

そしてドーム型タープ。
寒さなど皆無です。
このストーブはオールドストーブで、トヨトミのレインボーストーブです。
全開で灯すとかなり明るく、照明の役割もしてくれます。
そして何より幾重にも重なる、虹のような光がロマンチック。
買って良かったです。



晩ご飯は鍋。

03A2FFAA-121C-46F2-B487-9966CA41236C.jpg

ロマンチックなストーブの灯りの中で食べる鍋は絶品!
〆の蕎麦も美味しかったです。



タープの外に出ると綺麗な夜景が…

318BFC80-8377-47B0-877E-EC11B70B7C3C.jpg

まあ和歌山ですから、こんなもんです。
なんなら多いほうです。



酔っ払った我々は、今度はテント内でくつろぐことに。
カセットボンベ式のストーブを灯し、よぴこはワイン、あっきーはホットウイスキーです。

B7C2E0B7-9ADF-41AB-852F-6480672678C7.jpg

テント内もポカポカ、コールマンのガスランタンも雰囲気を演出。
お気に入りのスタンレーの水筒は、保温力も高くオススメです。



眠くなってきましたが、時刻はまだ夜の9時半。
明日の朝陽に照らされるススキに期待して、早めの消灯。
2日目に続きます。


あっきー。
posted by あっきー&よぴこ at 23:29| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

秋キャンプのはずやのに…

まいど、あっきーです。




久しぶりの更新です。
もちろん釣りには行ってましたが、ブログに書くにはネタが少なく、更新のタイミングを失ってました。

今回はキャンプのお話ですが、​串本町​の潮岬​へ行ってきました。
そして残念ながら、串本町まで行ったのに、釣りしてません。





10月7日の土曜日。
荷物を積み込み串本町へ。
今回はニコラ、みかちゃん、オンちゃん(ポメラニアン♂)を含む​さらさらアフロ​に、​イシェ​も連れて行ってきました。

イシェは愛知県の友人ですが、今は仕事でアメリカに住んでます。
長期休暇で帰国してる間に、遊びに来てくれました。



12時半ごろ到着すると、すでにたくさんのキャンパー達が。
さすが3連休ですね。
まだまだ増えそうなので、とにかく場所を確保。

慣れたメンバーなので、手際よくテントを張っていきます。

FE6CB68A-079E-4520-842B-22006F5FE5FA.jpg

手間のワンポールテントがあっきーのテントですが、その向こうは木の根っこがあり、ニコラのテントとドーム型タープから離れて張ることになりました。




秋のキャンプといえば焚き火が楽しみ。

68959A68-A203-4070-AE80-BCEF321FCB17.jpg

お気に入りのコッパーケトルもセット完了。



目の前はこんな景色です。

B5A6C9A1-E829-475E-BF5F-5A63302B4DCD.jpg

ええロケーションでしょ?
心も体も癒されます。



さて、テントの設営も終わり、昼ごはんと夕食の買い出しに出かけます。

まずはお昼ごはん。
今回も​渚の駅「水門まつり」​にお邪魔しました。

まぐろ切り落とし丼が絶品です。

C8C44FA9-3258-461D-82F3-C916D1150A1E.jpg

3C6865EF-F349-4265-9702-8944E800D77F.jpg

こちらででは新鮮なお魚の定食がいただけます。
串本町に来ると必ず寄るお店。
オススメです。



お腹が満たされた一行は、スーパーで買い出し。
お肉、お酒、寒さ対策のお鍋の具財、お酒、お菓子、お酒、お酒、お酒………お酒。



次に向かうのは​干物のおざき​さん。
わりと有名な干物のお店。
ここではなんと言っても​トロアジ​です。
そしてイカのくちばしの干物の​トンビ​を購入しました。



キャンプ場に戻ったら、夕飯の時間まで散歩。
本州最南端の展望スペースから太平洋を一望できます。

CB73FFF4-F07F-4204-90D9-70C4DBEDE160.jpg

小さな写真ではわかりませんが、水平線が丸いんですよ。
地球て本当に丸いんですね。

オンちゃんwith本州最南端

FB984EB4-E22B-4105-B681-BF5524F1757B.jpg

なんてね。



散歩を終えたら、お待ちかねの晩ごはん。
まだ5時ですが。

トップバッターは、いきなりメインディッシュ。
トロアジです。

0B6FD8D3-D3D6-42E5-BDE7-3E4470F1D87B.jpg

これほんまに美味いんですよ。
見た目は普通のアジの干物でしょ?
ちゃうんすよ。
とにかく食べてもらわんとわからんと思います。

そして…いろいろ焼きました。
酔っ払って撮れてません。
鮎も焼いたんですよ。

527EBB19-56EA-497B-AB67-10593779000A.jpg

あ、画像あった。



ベロンベロンのあっきーは夜も散歩。
月が太平洋を照らしてます。

BD61D27C-FFD4-4343-8B56-E5C3DD1282FD.jpg

写真へたくそか。
実際はもっと明るいんです。
センスなくで申し訳ない。



そして記憶のないままテントへ。
みなさん飲み過ぎには注意しましょう。





そして翌朝。
二日酔いはないのですが、眠くて起きられないあっきー。
飲み過ぎなければ、こんな素晴らしい朝日が見れますよ。

2CE2175F-D051-49A9-A500-38A07F6AEB14.jpg

あっきーのあほっ!
飲み過ぎ注意じゃ!



みんなが用意してくれた朝ごはんを食べ、手際よく片付けたら​パン屋のnagi​へ。

B0734B55-92D5-4ECB-A75B-F3DD1B2F8CE5.jpg

もう何度もブログに出てきました。
とにかく美味しいので串本町に行った際は是非。



そして初めて大島の​樫野埼灯台​へ。
実は串本町はトルコと深い繋がりがあるのです。
その昔、トルコの軍艦エルトゥールル号が遭難しているところを、串本町の漁師が救助して云々…あとはWikipediaでどうぞ。
なんせ姉妹都市なんですよ。

181EF0D3-BD62-4046-9201-D1254C4807B3.jpg

FBA360F4-FE40-4477-8397-329D21896429.jpg

9F1B5D0E-79BE-4AC3-86BB-9DCEDCCCFB3A.jpg

C4F40356-1F09-4F1C-B5B9-6C8D3B627027.jpg

2E2019E0-67AE-4E65-8973-56D139A29721.jpg

この灯台から見る水平線は、もひとつ丸い!
トルコアイスのドンドゥルマも食べれますよ。
トルコが親日国な理由がわかります。
ぜひ是非ぜひ、訪れてください。





観光も終えて帰路へ。
お盆に古座川の河原でキャンプして以来、約2ヶ月ぶりのキャンプでした。
めっちゃ楽しかったです。
今回は寒くなる想定で、防寒着やカセットコンロ式ストーブなど、防寒対策バッチリで行きましたが、夜でもTシャツで大丈夫でした。
だって蚊に刺されましたもん。
同じ過ちを…去年の同じ季節の潮岬キャンプの記事をご覧ください。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.akiyopi.com/article/443255927.html


今度こそはストーブで秋キャンプ!

あっきー。


posted by あっきー&よぴこ at 22:20| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

バファリンの半分は優しさ、残りの半分はポリタンク。

まいど、あっきーです。





突然ですが手頃な大きさのポリタンク​持ってますか?
すみません、​冬キャンプにおける灯油の運搬​の話です。
あまりに突然すぎて

「急に何を言いだすんだ?」
「本当に突然だな。」
「は?ポリタンク?」
「朝はパンより米派です。」

など、様々なことを思ったことでしょう。


実はあっきーも皆さん同様、常に​手頃な大きさのポリタンク​のことを考えてました。
だって大事な物ですからね。
バファリンの半分は優しさで、残りの半分はポリタンクとゆう話もあるほどですから。
それくらい大事です。

​灯油​をどうやってオシャレに運ぶか?
我々の生活において、皆さんが一度は悩むことですよね?


でもポリタンクってデザインがダサかったり、なかなか気に入った物がないんですよね。


ネットで探しても​金属製​の物が多かったり、容量が大きかったり、重くてお高い。
なかなか買うのに勇気がいります。
このまま灯油をオシャレに運べず、街を歩けば子供達に石を投げられ、苺ショートを食べようとすれば苺だけよぴこに奪われ、ただ生クリームとスポンジケーキの塊だけを食べるハメになり、人生が終わって行くのかと諦めてました。

でも




​見つけました。
オシャレで手頃な大きさのポリタンク。

9E344B93-EA7C-45EA-B036-4D9877FA2970.jpg

39921EF1-8EF7-4559-B6D8-ADE28E88000E.jpg







普通やん。
て、思ってるでしょう?
これ注ぐ時の​ホースが収納​できるんです。

3AC3B172-4582-4E76-8B28-F0AA631D9235.jpg

​はい、かわいい。

容量も5ℓとちょうどいい。






ホースを付けるとこんな感じ。

FA6EA5D1-2F79-457E-AA9E-C7FE8E3851FE.jpg

​ええやん!






なんとなく寄生獣のミギー感がするのも良し。

4BDB5E88-B63D-4594-A9B3-C97093938CB6.png
※参照画像


灯油を入れるたびに
「おいシンイチ」
と呼びかけてくれそうなフォルムです。





この素敵なポリタンクは、よぴこがInstagramでフォローしている雑貨屋さんが、たまたまpostしているのを見つけたものです。

よぴこは製品の強度など、ネットで調べました。
評価も高く、価格の割に丈夫とのこと。
先ほども書きましたが、金属製ではなくポリタンクなので、軽いのがいいですよね。

少し詳しく説明すると、ドイツのTUF規格認証、危険物運搬として国連の認証も受けており、最高水準の安全性と信頼性を誇る、​ヒューナースドルフ社​製の「高密度ポリエチレン製キャニスター」。
ロック機構付きのキャップは機密性が高く、万一倒れても液体が漏れる心配もありません。

これだけのクオリティーとデザインで、なんと価格は2千円でおつりがきます。
財布にも優しい。
さすがバファリンの半分と噂されるだけありますね。




買いに行ってみると、5ℓのタンクは最後のひとつでした。
やはり皆さん頭の中は、手頃な大きさのポリタンクでいっぱいなんですね。

最後のひとつを無事にゲットしました。
これで子供達に石を投げられることもなく、苺ショートの苺をよぴこに奪われる心配もなくなりました。





そしてこのポリタンクに合わせて使うのは、去年の春にリサイクルショップで、格安で購入したレインボーストーブ。

36158657-976F-4718-BD1F-67ECC72A5E9C.jpg


これで冬キャンプの寒さ対策は一部解消されました。
早く使ってみたいですね。




いかがですか?
手頃な大きさのポリタンク。
皆さんがオシャレに灯油を運ぶ時の参考になれば幸いです。
このブログを読んだオシャレ女子が、ブランド物のバッグをポリタンクに持ち替えて、街を歩く日が来るかもしれません。
その際は、スマホやお財布、化粧ポーチも入りませんのでご注意ください。





今回は、やっと手に入れた、オシャレで機能的なポリタンクのお話でした。

あっきー。



posted by あっきー&よぴこ at 16:58| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする