2017年02月19日

炊いたおからを使ってお好み焼き。

まいど、あっきーです。




今日は朝からええ天気でした。
畑仕事も捗るっちゅうもんです。

去年の年末に植えたいちごの苗。
初めてなので大事に育ててます。

C1EBCE1D-F1E6-4F95-87A7-9A29D71DC632.jpg

70A3F738-AB7F-497F-917B-28E8A8B3F358.jpg

今日は草を抜き、追肥をして、マルチとゆう黒いシートを被せました。

58862AFE-FDF4-499C-AA71-C2E781E71EB1.jpg

収穫の時期が待ち遠しいです。



畑仕事を終え、帰ってきたあっきー&よぴこは、腹ペコです。
疲れもありますし、凝った料理もめんどう。




そこで
​炊いたおからをアレンジして、​おからのお好み焼き​を作りました!


おからって作る時は大量に作りますけど、食べてるとそのうち飽きてきますよね?
美味しいんですが、毎食となるとなかなか箸が進みません。

そんな時は、炊いたおからに長芋をすりおろしたもの、キャベツ、卵を入れてお好み焼きにしてしまいます。

こちらが焼く前のもの。

78A67B89-2A79-4FD8-AEFF-266B8B9087D2.jpg

あまり見た目は良くありませんね。
でも炊いたおからじたいに具が入ってますし、味付けもしてありますから、お出汁も効いてて、とてもヘルシーです。



では焼いていきましょう。

F6FF3B86-C0FB-4E24-83F8-72C29BB1CD1A.jpg


丸く形を整えて、普通のお好み焼きと同じ焼き方で大丈夫です。
でも、ひっくり返すのが大変です。
つなぎに長芋が入ってるとはいえ、普通のお好み焼きより緩いですから、だいたい割れてしまいます。


片面に焼き目がついてきたので、ひっくり返しました。

4F8DBF0D-E21D-417B-AB0A-D213678E8886.jpg

ここまでくると見た目は完全にお好み焼きです。
右のお好み焼きに焼きムラがあるのは、割れたところを引っ付けたからです。


両面に焦げ目がついたら、ソースやマヨネーズ、削り節をふって完成です。

99594D80-D652-403C-A964-51B6C395F7A6.jpg

もともとおからがふわふわですし、そこに長芋が入ってるので、熱々ふんわりに仕上がります。
食べるとソースの甘辛さと、おからの甘みでとても美味しいです。
粉を使わないので、ダイエット中の人にもオススメです。
お好みで他に具材を足しても美味しいと思いますよ。

サイドメニューはえのきベーコン。

2B604A32-A867-44AC-8554-2A37CE38F774.jpg

これも簡単で美味しいですよね。



ハイボールを飲みながら2人でペロリ。
ごちそうさまでした。

興味のある方は是非お試しください。

あっきー。
posted by あっきー&よぴこ at 18:30| Comment(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

自己流トムヤムクン鍋

うちの畑がある貸し農園にはたくさんのタイの女性が野菜を作っています。
みんな日本人の男性と結婚して日本で暮らしてるのですが、やっぱりタイの野菜が食べたいらしく自分で栽培しているのです。

タイの人はみーんなとっても優しくて色んなタイ野菜をくれます🎶
野菜をもらったり作り方を教わったりしているうちにすっかりタイ料理の虜になりました(^○^)

そして昨年からトムヤムクンの研究を始めたのですがまだまだコレだ!という味にはたどり着いていません(-_-;)

トムヤムクンにかかせないのはコブみかんの葉、レモングラス、唐辛子、チリインオイル、カーという生姜などの香辛料です。トムヤムペーストというものが売っていますが、やはりそれだけでは香りもよくないですし、味に深みもないような気がします。

最近はトムヤムクン鍋にハマっていてよく作るですが、作り方を聞かれることがあるので載せてみますね(ᵔᴥᵔ)
完全に自己流そして分量は適当ですw



IMG_0645-15805.JPG
コブみかんの葉2.3枚
10センチほどのレモングラス5.6本
生姜スライス一片分
ミントの葉適量
唐辛子 2.3本

葉はちぎり、レモングラスは少し潰し、唐辛子は半分に切りこれら全てをお茶パックに入れて水(1リットルくらい)を入れたお鍋で煮たたせます。

沸騰してきてしばらく煮出し香りがでたら取り出します。

そこへ 

鶏がらスープの素(大さじ2〜3)
トムヤムペースト(大さじ3〜4)
チリソース(大さじ1〜2)
ナンプラー(大さじ1〜2)

味を見ながら薄いと思ったら好みのものを足していきます。 
辛味が足りなければ唐辛子を追加。

入れる具材は

海老
鶏肉
キャベツ
キノコ類
豆腐
ネギ
水餃子←コレが美味しい!
などお好きなものなんでもok。
仕上げにライムかレモンの絞り汁をいれます。

海老は出汁がでるように最初に入れますが火が通ったら取り出しておきます。野菜が煮えるまで入れておくと固くなってしまうので、出しておいて食べる直前にお鍋に戻します。

シメはだんぜんフォーがオススメです。
 
自己流なのでなんだか無国籍のようですが、餃子もフォーもスープによくあって美味しいです(^○^)

でもまだ完成形ではありませんw
何かが足りないんですよね〜。。。チリインオイルという調味料が手に入らないのでチリソースで代用しているのですが、そこがポイントのような気がしています。

あ、あとパクチーは好き嫌いあるので私は入れませんが、そのかわりにセロリの葉っぱを入れてみたらなかなか良かったです。

コブみかんの葉は乾燥のものが売っています。でも、生葉の香りには勝てないので私は苗木をネットで購入して育てています。寒いところが苦手な植物のようですが、和歌山の冬はなんとか越せそうですw

もっともっと研究して美味しいトムヤムクンが作れるようになりたいなー(^O^)

よぴこ

posted by あっきー&よぴこ at 21:32| Comment(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

絶品アジの栄養価。

最近、サビキではイワシばかり狙っているのですが、どうしてもアジもかかってしまいます。
豆アジサイズだと鱗と内臓だけとって唐揚げにして骨まで美味しくいただけるのですが、小アジサイズになってくるとそうもいきません。南蛮漬けにしたりフライにしたり。

昨夜はたっぷりのゆで玉子とキュウリの塩もみ、レモン汁とマヨネーズで即席タルタルソースを作って、あじフライを頂きました♪
image-36da2.jpeg

若干アジに飽きてきているとはいえ、やっぱり新鮮で揚げたてのフライは美味しいです(笑)
10センチくらいのアジ4匹と秋鮭1キレを1人前にして、ちょっと多いかなー食べられるかなーと思いながら食卓に出しましたが、あまりの美味しさにあっきーも私もペロリ完食でした(笑)

そういえばアジの名前は味が良いことに由来していると聞いたことがあります。
青魚のなかでも手軽でおいしく食べられていいですねよ♪

実はアジは栄養価も高くとっても優秀なお魚なんです。

代表的なのはアンチエイジング成分であるEPA(エイコサペンタエン)やDHA(ドコサヘキサエン)が豊富に含まれています。

EPAは血中コレステロールを抑制する働きがあり、DHAは血液サラサラ効果があります。

他にも高血圧やむくみに効くカリウムや、骨粗しょう症対策になるカルシウムもたくさん含まれています。
これらの栄養素を無駄なく効率よく摂取できるのは実は生で食べるのが一番なんです。

生ということはお刺身やタタキにするのが良いですね。でもこれらの栄養素は酸化しやすい性質ですので、抗酸化作用のある食物と一緒に食べるのがいっそう効果的です。

日本の食文化では大葉やレモン、わさびや生姜などの薬味といっしょに食べる習慣がありますが、これがとても理にかなっていて、薬味に使われる食物は抗酸化作用のあるものが多いんです。
ただお刺身に合うからというだけでなく、アジの栄養素を効率よく取り込める役目もしていたんですね!

日本のアジは淡泊だけれどほどよい油分があって美味しいし、人間の体にとって良い働きをしてくれる栄養素もたくさん含まれるので良いことづく目♪飽きてきたなんて言ってごめんなさい(笑)

これからもたくさん釣って、たくさん食べようとそっと心に誓いました(大げさw)
(あっきーがアジングで大きいアジを釣ってきてくれたら言うことないのにな・・・)ボソッ
posted by あっきー&よぴこ at 16:04| Comment(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする