2017年10月27日

幻のジビエ、アナグマを調理して食べてみた!

まいど、あっきーです。





話は前後しますが、前回更新の神戸アジングに行く数日前、狩猟フレンズから念願の​アナグマ​をいただきました!
いただいたとゆうより、預けるから食事会までに美味しい食べ方を研究してくれ的な話ですが。

釣り仲間の​まーくん​の紹介で知り合ったのですが、地元メディアでも紹介されたことのある​Mさん​といいます。

とても個性的な方で、あっきー&よぴこが憧れる自給自足の生活​を、ほぼ実践されています。
ジビエを捕獲し(ちゃんと資格を持っています)、
もちろん自分で捌きます。
ちなみに山へ入るくせに方向音痴。
海の幸も自分で調達(旦那さんは釣り好きです)。
畑はうちほどではありませんが、必要なものは育てています。
とてもたくましい方です。

そんな人ですから、よぴこは会ったその日に意気投合。
アナグマの前にも猪肉をいただき、冷凍庫は猪肉でパンパンです。



そんなMさんから託された、アナグマを調理して食べたお話です。
閲覧注意な画像があるので、苦手な方はご容赦ください。





さて、さっそくアナグマをご覧いただきますが、いきなり閲覧注意です。





D64724EC-61F3-42DB-8BDA-66A5D9A583D2.jpg

これを、よぴこが捌いていきます。

299AEBDA-EA7D-4014-A105-8CE55362B154.jpg

肋骨にそって肉をそぎ落とし、試しにハーブソルトのみで焼いてみます。
肉そのものの味を知らないといけませんからね。

2AA8888E-B4AA-463B-AA93-EB14C93AF9D4.jpg

​アナグマのスペアリブ​。
少し硬いですが、めっちゃ美味しいです。
スジ肉ほど硬くないですし、鳥のスナズリに似た味がします。
もしかしたら臭みがあるかもと思い、塩胡椒よりハーブソルトを選択しましたが、臭みなどいっさいありません。



猟師さんは​すき焼き​で食べると聞きましたが、出汁の味が濃いのでアナグマ感は薄れそう。
そこで考えたのはが、醤油ベースのもつ鍋風​。
もともと脂身が多く、ホルモンみたいとMさんから聞いていたので、合うのではないかと思いました。

できたのがこちら。

3DDD4601-F69B-4C1B-8D3E-C2992018F42D.jpg

正解でした。
出汁の中に脂の甘みが溶けだして、すごく美味しいです。
白菜が脂を吸って、いつもより甘くて美味しい。
鍋にするとスナズリ感は消え、たしかにホルモンのようでした。
脂は鴨肉の脂に近い気がします。

しかし、たくさんは食べれません。
脂がきつく、すぐお腹いっぱいになりました。



ちなみに、骨の部分で出汁もとってみました。

1C726E8F-EEBF-4CE3-97CB-2A7782187D3E.jpg

38346415-A091-439B-8D1A-B613BE010DDE.jpg

38EFFC81-BA90-4574-9941-69687E20D582.jpg

生姜とネギの青い部分を入れ、灰汁を取りながらコトコト炊いていきます。
塩を振って飲んだところ、とても美味しい。
保存してあるので、今後何に使おうか考えています。



そして2人が絶賛したのは​、スジぽん酢ならぬ​アナグマぽん酢!
​あまりのうまさに写真を撮るの忘れました。
早い話が湯通ししたアナグマにネギ、一味、ぽん酢をかけて食べる、スジぽんのアナグマ版です。
今回はアクセントにカボスを絞りました。
お酒が進む一品です。



とにかく脂が多く、赤身が少ないので、調理には苦労しましたが、めちゃめちゃ美味いので、機会があれば食べてみてください。





数日後の食事会で振る舞いました。
みんな絶賛!
アナグマが苦手なMさんも美味しいと言ってました。
実はMさん、​獲るのは上手ですが食べ方が下手くそ​なようです。
お肉だけでなく、よぴこ手作りの醤油ダシに驚いていました。
食べ方が上手になれば最強の人なのにな…。



今回は幻のジビエ、アナグマを調理して食べてみたお話でした。

あっきー。
posted by あっきー&よぴこ at 09:13| Comment(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

炊いたおからを使ってお好み焼き。

まいど、あっきーです。




今日は朝からええ天気でした。
畑仕事も捗るっちゅうもんです。

去年の年末に植えたいちごの苗。
初めてなので大事に育ててます。

C1EBCE1D-F1E6-4F95-87A7-9A29D71DC632.jpg

70A3F738-AB7F-497F-917B-28E8A8B3F358.jpg

今日は草を抜き、追肥をして、マルチとゆう黒いシートを被せました。

58862AFE-FDF4-499C-AA71-C2E781E71EB1.jpg

収穫の時期が待ち遠しいです。



畑仕事を終え、帰ってきたあっきー&よぴこは、腹ペコです。
疲れもありますし、凝った料理もめんどう。




そこで
​炊いたおからをアレンジして、​おからのお好み焼き​を作りました!


おからって作る時は大量に作りますけど、食べてるとそのうち飽きてきますよね?
美味しいんですが、毎食となるとなかなか箸が進みません。

そんな時は、炊いたおからに長芋をすりおろしたもの、キャベツ、卵を入れてお好み焼きにしてしまいます。

こちらが焼く前のもの。

78A67B89-2A79-4FD8-AEFF-266B8B9087D2.jpg

あまり見た目は良くありませんね。
でも炊いたおからじたいに具が入ってますし、味付けもしてありますから、お出汁も効いてて、とてもヘルシーです。



では焼いていきましょう。

F6FF3B86-C0FB-4E24-83F8-72C29BB1CD1A.jpg


丸く形を整えて、普通のお好み焼きと同じ焼き方で大丈夫です。
でも、ひっくり返すのが大変です。
つなぎに長芋が入ってるとはいえ、普通のお好み焼きより緩いですから、だいたい割れてしまいます。


片面に焼き目がついてきたので、ひっくり返しました。

4F8DBF0D-E21D-417B-AB0A-D213678E8886.jpg

ここまでくると見た目は完全にお好み焼きです。
右のお好み焼きに焼きムラがあるのは、割れたところを引っ付けたからです。


両面に焦げ目がついたら、ソースやマヨネーズ、削り節をふって完成です。

99594D80-D652-403C-A964-51B6C395F7A6.jpg

もともとおからがふわふわですし、そこに長芋が入ってるので、熱々ふんわりに仕上がります。
食べるとソースの甘辛さと、おからの甘みでとても美味しいです。
粉を使わないので、ダイエット中の人にもオススメです。
お好みで他に具材を足しても美味しいと思いますよ。

サイドメニューはえのきベーコン。

2B604A32-A867-44AC-8554-2A37CE38F774.jpg

これも簡単で美味しいですよね。



ハイボールを飲みながら2人でペロリ。
ごちそうさまでした。

興味のある方は是非お試しください。

あっきー。
posted by あっきー&よぴこ at 18:30| Comment(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

自己流トムヤムクン鍋

うちの畑がある貸し農園にはたくさんのタイの女性が野菜を作っています。
みんな日本人の男性と結婚して日本で暮らしてるのですが、やっぱりタイの野菜が食べたいらしく自分で栽培しているのです。

タイの人はみーんなとっても優しくて色んなタイ野菜をくれます🎶
野菜をもらったり作り方を教わったりしているうちにすっかりタイ料理の虜になりました(^○^)

そして昨年からトムヤムクンの研究を始めたのですがまだまだコレだ!という味にはたどり着いていません(-_-;)

トムヤムクンにかかせないのはコブみかんの葉、レモングラス、唐辛子、チリインオイル、カーという生姜などの香辛料です。トムヤムペーストというものが売っていますが、やはりそれだけでは香りもよくないですし、味に深みもないような気がします。

最近はトムヤムクン鍋にハマっていてよく作るですが、作り方を聞かれることがあるので載せてみますね(ᵔᴥᵔ)
完全に自己流そして分量は適当ですw



IMG_0645-15805.JPG
コブみかんの葉2.3枚
10センチほどのレモングラス5.6本
生姜スライス一片分
ミントの葉適量
唐辛子 2.3本

葉はちぎり、レモングラスは少し潰し、唐辛子は半分に切りこれら全てをお茶パックに入れて水(1リットルくらい)を入れたお鍋で煮たたせます。

沸騰してきてしばらく煮出し香りがでたら取り出します。

そこへ 

鶏がらスープの素(大さじ2〜3)
トムヤムペースト(大さじ3〜4)
チリソース(大さじ1〜2)
ナンプラー(大さじ1〜2)

味を見ながら薄いと思ったら好みのものを足していきます。 
辛味が足りなければ唐辛子を追加。

入れる具材は

海老
鶏肉
キャベツ
キノコ類
豆腐
ネギ
水餃子←コレが美味しい!
などお好きなものなんでもok。
仕上げにライムかレモンの絞り汁をいれます。

海老は出汁がでるように最初に入れますが火が通ったら取り出しておきます。野菜が煮えるまで入れておくと固くなってしまうので、出しておいて食べる直前にお鍋に戻します。

シメはだんぜんフォーがオススメです。
 
自己流なのでなんだか無国籍のようですが、餃子もフォーもスープによくあって美味しいです(^○^)

でもまだ完成形ではありませんw
何かが足りないんですよね〜。。。チリインオイルという調味料が手に入らないのでチリソースで代用しているのですが、そこがポイントのような気がしています。

あ、あとパクチーは好き嫌いあるので私は入れませんが、そのかわりにセロリの葉っぱを入れてみたらなかなか良かったです。

コブみかんの葉は乾燥のものが売っています。でも、生葉の香りには勝てないので私は苗木をネットで購入して育てています。寒いところが苦手な植物のようですが、和歌山の冬はなんとか越せそうですw

もっともっと研究して美味しいトムヤムクンが作れるようになりたいなー(^O^)

よぴこ

posted by あっきー&よぴこ at 21:32| Comment(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする