2018年04月04日

スノートリップ ひらゆの森 VOL.2

まいど、あっきーです。




スノートリップ ひらゆの森 VOL.2です。

久しぶりの高山ラーメンでお腹を満たした2人は、いよいよお宿に向かいます。

到着したのは午後2時すぎ。
午後3時のチェックインまで少し時間があります。
とゆうことで辺りを散歩。
ひらゆの森の隣には大きなバスターミナルがあります。
『氷菓』とゆうアニメの聖地だそうです。

2D2F4ECD-EFA4-4E91-89E8-174CE46D5535.jpg

見たことがないのでピンときません。

ひと通りお土産物を物色し、とある酒屋さんへと向かいます。
つるや商店さんです。
ここお店は店先に温泉が湧き出ており、100円で温泉たまごが食べられます。

EDF344D8-9D3A-4A7B-A8EC-C2EBC7D60FC7.jpg

A9C80F37-B85E-40E0-BBA8-C4CA8C4B6890.jpg

はんたい玉子とは、ゆで玉子の反対とゆう意味だそうで、ゆで玉子の半熟は白身が固くて黄身が半熟ですよね。
でも温泉たまごは黄身は少し固くて白身が半熟とゆうことから、はんたい玉子と呼ばれているのだそうです。

では店先で。

0BC94E6A-4151-40B5-B6AA-6FF7DABBACA6.jpg

902140ED-6BF1-4BB6-A958-6BAE927A0EE0.jpg

めっちゃ熱い!
んで美味い!

これに合わせるのは

ED1EB6C3-364D-47F2-BE4F-58481C973D16.jpg

飛騨の地ビールしかないでしょう!

あっとゆう間にペロリ。
時刻もちょうど良い時間。
そろそろお宿へ。



こちらが本日のお宿​『ひらゆの森』​です。

E0FE908C-E409-4B49-BE9B-76BE6B25B446.jpg

合掌造りの建物で、とても雰囲気のある良いお宿です。
日帰り入浴も可能で、露天風呂もあります。
露天風呂も温度別に7つほどあるので、好みの温度を探してみるのも楽しいですね。

そして宿泊客専用の貸切風呂がこちら。

0E8F49FD-8A31-492A-B585-BF8819CF9B54.jpg

F0D25A16-6DFC-4466-9406-329CE744CA97.jpg

6B8735F3-23A2-4147-A2A9-14D95D28A9C3.jpg

小さな扉を開けて外に出る感じです。
さすがに雪は少なかったですが、冬のピークだとこんなに綺麗です。

0F38D250-B9E4-449B-90A7-3B4FB301DBCC.jpg

これは一昨年の画像。
雪を見ながらの露天風呂は最高でした。



貸切風呂で温まった2人は部屋で缶ビール。
晩ごはんの時間まで、のんびりとすごしました。



そしてお待ちかねの晩ごはん。

はい、ドーーーン!

B6218079-688C-49BB-8F36-DE2FC1ED5D11.jpg

47D298F2-9398-4A72-9B63-F593831E0EC7.jpg

​飛騨牛様​でございます。
われわれオーバー40の胃には、これくらいの量でちょうどいいのです。

D4034827-130C-4CE4-95D5-9C6E8A08F743.jpg

93877B9F-C5BB-4167-AE8B-47412937AF9E.jpg

その他はこんな感じ。
ニジマスの塩焼き、鴨の燻製、山菜料理など、素朴な地元のお料理。
こうゆうのが良いんですよ!
他府県から訪れる者にとっては特別な料理なのです。
毎年ほぼ同じメニューですが、その料理に癒されるのです。
今年もごちそうさまでした。




さて、VOL.2で終わる予定だったのですが、長くなったので続きます。

あっきー。


posted by あっきー&よぴこ at 09:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。