2018年03月12日

車中泊。備えあればなんとやら。

まいど、あっきーです。




3月11日。
7年前の東北で悲しい出来事があり、多くの尊い命が奪われ、たくさんの涙が流れました。

忘れてはいけない。
何も終わってはいない。

心よりご冥福をお祈りするとともに、被災者の皆様の幸せを願っております。





さて、震災の話題で始まった、今回のブログですが、テーマはズバリ『​車中泊​』です。

東北の震災以降も熊本の地震や、大分の台風被害など、天災は続きました。
その際に取り上げられたのは、車内で過ごす人たちのエコノミー症候群。

あっきー&よぴこも、よく車中泊で旅をします。
2人ですし、そもそも目的がレジャーなので、車で避難してらっしゃった方々と、同じ視点で語れるものではないですが、少しでも何かの参考になればと思って書きます。



あっきーの釣り車中泊スタイルです。

今回はあくまで、愛車バモスでのソロ釣行でのお話なので、ご理解ください。



まず、普段のバモスから。

52E6B1ED-5104-4908-862E-7460474A9D5A.jpg

左からダイソーで購入した折りたためるラック、右端の茶色いのはウェーダーやフローティングベストなど、濡れた物を収納するバケツです。
奥には折りたたみのテーブル、ソロテント、サンシェード、避難グッズが一式入ったケースなどなど、常に積んでます。
普通の釣行だと、手前のスペースに釣り具を積んで出かけます。
こんな感じ。

4BC27E67-670D-4A44-801E-972E446FC058.jpg

茶色いバケツが黄色い発泡スチロールに変わっていますが、だいたいこんな感じです。



これを、車中泊のソロ釣行は、こんな感じにします。

433D148A-64DB-48AF-A8D9-43AAFF1D2754.jpg

まず最初に、助手席を最前までスライドして、ヘッドレストを外して、フラットになるまで倒します。
助手席側の後部座席も動揺に、フラットになるまで倒していきます。
これで寝床は完成です。
寝袋に入って足を伸ばして寝ることができます。

次に、運転席側の後部座席は、前に折りたたみます。

C0D0CB26-1B7F-40D7-8616-75525C79E730.jpg

今回ヘッドレストを外し忘れましたが、外すとツーピースのロッドに、リールを付けたまま収納できます。
いつもの釣行のままロッドホルダーに収納していたら邪魔なので、車中泊でのソロ釣行時はここに収納します。

そして、車中泊での釣行の場合、食事も車内で摂るようになりますのでテーブルを用意。

3617EEAD-E6B2-4098-80CC-D1C0B7A61546.jpg

いつもキャンプで使う木製のテーブルと、常に車に積んでるステンレス製の折りたたみテーブルです。
だいたいのことは、これで事足ります。
木製テーブルの下には100均のラックがぴったり収まり、小物を収納することが可能に。

0314DABB-4F1F-4240-AE71-62158791007B.jpg

ここに入れたものは、引き出しの要領で取り出せます。

FAB5AECB-41E3-425F-9A09-EC77ED4611D9.jpg

その他の空いたスペースに、道具箱やウェーダーの入った茶色いバケツ、着替えの入ったバッグを置いたりと、余裕の広さです。
少し寒い日でしたら、カセットボンベ式のストーブも置けます。
ちなみに愛用しているのはコレです。

D690AC24-AF9B-4BE7-81A3-23C366DC34FF.jpg

環境問題や騒音対策のため、エンジンは切りますので、寒さ対策にはこちらを利用します。
しかもバモスの後部座席は、パワーウィンドウではないので、エンジンを切っていても開閉が可能で、指一本ぶん開けて換気もバッチリ。
一酸化炭素中毒も防げます。

画像にはありませんが、プライバシーシェードを窓に装着するので、人の目を気にすることなく過ごせます。
気休め程度ですが寒さも軽減。
わりと快適です。



ここまで書いてみて、あまり参考になること書いてないなと気づきました。
ただ助手席をフラットにして、テーブルを置いただけのブログになってますね。
でも、有事の際に備えが必要であるとゆうことが伝われば、今回は良しとしましょう。

と、無理矢理まとめてみました。



備えは大事。
あっきー。
posted by あっきー&よぴこ at 08:33| Comment(0) | くらしの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: