2016年11月01日

本州最南端、潮岬でキャンプ!2日目

まいど、あっきーです。


潮岬キャンプ2日目のお話です。

前日の夜ふかしのせいか、少し寝坊しました。
起きたのは7時前。
よぴこの
「コーヒー入れたよ」
の声で目覚めました。

よぴこはとゆうと、5時起きて朝日を見てきたそうです。

9A80F855-2698-4C3E-A2AD-DDCF4EAD0887.jpg

DF5884E8-A8C7-4708-AE1A-AD149E34C135.jpg

見事な朝日です。
あっきーも見たかったです。


よぴこの淹れてくれたコーヒーを飲んでるあいだ、昨日の鍋の残りを温めます。
具が少ないですが、スープがわりに。
寒い朝には最高のごちそうでした。


だんだん体も動くようになり、それぞれ役割分担して後片付けです。
1日目にも書きましたが、キャンプ道具は設営も後片付けも簡単なものをチョイスしてます。
2人にとっては慣れた作業。
どんどん片付いていきます。

潮岬は風が強いのですが、この2日間ともほぼ無風でした。
ゴールデンウィークにも、友達夫婦と4人でキャンプをしたのですが、その時は暴風でした。
なんと風速10m以上です。
今回は風がないので、テントやタープも1人で片付けられます。
最後に自分たちの周りのゴミを拾って終了。
自分たちが出したゴミではなくても、次に来る人たちのために、そして自然を守るために綺麗にしておきたいものです。


9時40分にはキャンプ場を出発。
那智勝浦町を目指します。
目的地は​白蛇弁天の参拝​​​です。
ふだんは海に囲まれた巨大な岩の上にあるのですが、干潮になると岩まで渡れるとゆう神社。
この日は11時22分が干潮の潮どまり。
それに間に合うように走ります。

途中でお腹が空いた2人は、車でnagiのパンを食べました。
お鍋の残りでお腹いっぱいになったので、パンは食べずに残しておいたのです。


10時50分ごろ白蛇弁天に到着。
潮どまりまで時間があるので、あっきーは釣りをしました。
フグにワームを食いちぎられるだけでなにも釣れません。

そしていよいよ干潮の潮どまりを迎えました。

こんな感じで道が現れます。

77116FD3-926C-47F4-B79C-2CEA578C0789.jpg

そしてここを渡って行くと







A1278146-7536-494C-8D42-A757331EFF0F.jpg0724AD31-AFE5-4298-A138-9B9C1D995DB6.jpg

念願かなって参拝できました。
ネットで見てずっと来たかったので感動です。
ふだんは渡れないとか神秘的ですし、弁財天さまなので金運アップのご利益もあるそうです。
お賽銭も少し奮発しました。

岩の上にはこんな所も。

C96AEB16-6671-4FED-B05B-2099A5FA7560.jpg

潮が打ち寄せてます。
自然が創り出した景色て不思議ですよね。



参拝を済ませ、気づけばお昼時。
勝浦に来たときに必ず寄るお店があります。
​めはり寿司 二代目さんです。

E56FD464-6176-455A-A2F2-D8C7D203B520.jpg

めはり寿司とは、高菜の漬物でご飯を包んだ郷土料理です。
大きいので食べるときに目を張る(大きく見開く)ところから、名付けられたそうです。
そして勝浦といえばマグロ。
こちらではマグロとめはり寿司、どちらもいただけるのでお気に入りのお店です。

注文したのは二代目定食。

3DF8E0A1-7C6B-4718-8371-1F59B54B416C.jpg

めはり寿司、マグロのお刺身、小さなマグロ漬け丼、串カツが付いて1,400円。
良心的な値段です。
串カツもマグロカツが1本入って、まさにマグロづくし。
勝浦名物を堪能し、お腹いっぱいです。
今日もごちそうさまでした。


昼ごはんをすませたら、近くの勝浦漁港にある、無料の足湯でリラックス。

557F2972-4E07-4849-98E3-27FA11CA2D26.jpg

勝浦はグルメの他に温泉も有名ですからね。
道端に無料の足湯があり、目の前は海とゆうロケーションです。

そんな海にアオリイカが浮いてます。
いてもたってもいられなくなり、あっきーは慌ててエギをキャストします。

2175E818-23AE-4F12-875D-8185DC7C788C.jpg

しかし手強いですね。
完全にエギを見切ってます。
まったく釣れる気配はありません。
結局よぴこが足湯を楽しんでるあいだ、あっきーはアオリイカに振り回されてました。


納得がいかないあっきーは、帰りに30分だけ釣りをさせてもらうことにしました。
訪れたのは串本漁港。
こちらは7月によぴこがサビキで、豆アジを60匹ほど釣りあげた場所です。
短時間でかなり釣れました。
ここならアジも釣れるでしょう。

D99F243C-1774-427A-B57D-0EE72CC11CD8.jpg

A94ACBF4-274D-4280-A563-FBE4EA91E8E8.jpg

チャリコ(真鯛の子供)とヤガラです。
この2匹でタイムアップ。
昼間ですしアジングが難しいのはわかってますが、ここまで釣れないと逆に笑えます。
どちらもリリースしたのですが、ヤガラはとても美味しい高級魚だと後で知りました。
次に釣れたらぜひ食べてみたいと思います。


釣りを終えたら今度は、白浜町富田に富田の水を汲みに行きます。

11C90967-FE27-4D7D-9F5B-E6010960454C.jpg

ご覧の通り、とんでもない品質です。
100円で約10ℓとのことですが、12ℓのタンクで溢れたので、かなり出ます。
今回は12ℓタンク2つに汲みました。
紀勢道の南紀白浜インターチェンジで降り、約15分とアクセスも便利です。
白浜へお越しの際は、ぜひ汲みに行ってみてはいかがでしょうか。


予定はこれで終了。
あとは帰るだけです。



が、渋滞です。
10qと電光看板に表示されてます。
御坊南インターチェンジで降り、渋滞を回避することしました。
よぴこの提案で、BIRDMANとゆうラーメン屋に行くことに。
この店は以前から2人とも気になってたお店です。
こんな機会でもないと来ることがないので、渋滞のおかげとも言えます。

その前に産直市場で野菜を購入。
1,000円以上の買い物で、巨大かぼちゃの重さあてクイズの応募券がもらえます。
2人で重さを予想して、答えを書いて箱に入れました。
ちなみに正解して何がもらえるのかは不明です。
もしか巨大かぼちゃだったらズコーです。


産直市場をあとにして、BIRDMANに着いたのは17時前でした。
オープンの17時半に一番乗りで入店。

E417748E-39A7-4262-97C8-17B2FC4C8270.jpg

まるでイタリアンのお店かBARのような外観です。
店内もラーメン屋とは思えない内装でした。

あっきーは金・日曜日限定の魚だく鶏sobaを、よぴこは一番人気の濃厚鶏sobaの塩の食券を購入。

C6656709-1926-4375-8054-3627AA98EA73.jpg

B8A82FE9-6C57-4AEC-BB0D-14B1EC53FFAF.jpg

濃厚な魚介系ラーメンですが、さかな臭さがなく、鶏出汁なのでしつこくないです。
めっちゃ美味かったです。

よぴこの濃厚鶏sobaの塩は、まるでポタージュのような濃厚さ。
こちらも鶏なので後味もあっさりです。
次は醤油バージョンも試してみたいと思いました。


念願のラーメンでお腹を満たされた2人は、のんびりと帰りました。
帰ってからの片付けも、2人で分担してスムーズに。
7時前にはビールで乾杯してました。


久しぶりのキャンプで釣りも堪能し、満点の星空や朝日(よぴこだけ)まで見れました。
2日目は、念願の神社に参拝し、有名な水を汲み、行きたかった人気のラーメンまで食べることができました。
内容盛りだくさんの旅で、リフレッシュできました。


月曜日の仕事に備え、あっきーは寝ますが、よぴこはチラシ600枚を折る作業をしています。
かわいそ。


そんな本州最南端の潮岬キャンプのお話でした。
あっきー。









posted by あっきー&よぴこ at 09:25| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: