2018年04月08日

エソワングランプリ2018初参戦!

まいど、あっきーです。




みなさんは​『エソ​』とゆう魚をご存知でしょうか?
釣りをされる方にはおなじみの、クサフグと並ぶ外道の代表格です。
釣りをされない方でも、高級かまぼこに使われる高級食材といえば、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

98E65C65-C8D3-4344-A2D7-3BD8576FEE07.jpg

こんな見た目でも食べると美味しいのに、小骨の多さゆえ外道として嫌われています。
しかし、本当は美味しい外道を楽しく釣り、美味しく食べることで、エソの地位向上を目指そうとゆう、​エソワングランプリ​とゆう大会があるのです。
とても正気の沙汰とは思えません。

第一回大会は2011年。
今年で8回目とゆう歴史ある大会。
エソをターゲットにするとゆう、あまり類を見ない大会なので、実質エソ釣りの日本一、いや世界一、いやいや宇宙一を決める大会となります。

そして大会の実行委員長こそが、たびたびブログに登場する、あっきーに尺アジを釣らせてくれた、​宇宙一の変態アングラーひろさん​なのです。

そんな変態ひろさんの呼びかけのもと、変態実行委員の皆さんが運営し、個人主催では異例の183人の参加者が集まる大会にまで成長しました。
協賛企業も過去最多とのこと。
34E0E70A-6442-4AD6-B773-20F0BB85B2AD.jpg

ひろさんには公私ともにお世話になってますので、盛り上げるためにあっきー&よぴこも初参戦。

今回はエソ釣り宇宙一決定戦に参戦したとゆうお話です。





大会は4月8日の日曜日。
前夜祭に参加するため、2人は前日から現地入りし、キャンプすることにしました。
 40468CD7-D6F8-40D4-8FD6-6B3A869049B5.jpg

前夜祭ではひろさんの紹介でツイッターで知り合った、​トンさん​とお会いしました。
テントの中にご招待し、猪狩りの話を聞かせてもらいました。
とても参考になり、良い出会いに感謝。

その後、ひろさんとつなちゃんもテントに合流。
お酒もすすみ、とても楽しい夜となりました。



そして翌日。
いよいよ大会本番。

ここで簡単に大会要項を説明しておきます。
4月8日に開催
大会本部は和歌山県日高郡美浜町の煙樹ヶ浜
午前5時から受け付け開始で開会式後に開始し、正午まで競い合います。
正午までに本部に帰着できる陸っぱりなら、どこで釣りをしてもかまいませんが、釣り禁止のエリアなどは除外。
それ以外であれば滋賀県でも奈良県でもかまいません。​※ただし海がないのでご注意ください。
​エソ5匹の総重量で競いますが、多魚種部門、レディース部門、ジュニア部門の表彰もあり、年齢や性別を問わず楽しめる大会となっております。
当然ですがライフジャケットは必ず着用。
参加費は2,000円で、保険料も含まれています。



受け付けを済ませ開会式。
伊丹章​さんの進行のもと、実行委員長の挨拶、副委員長の注意事項の説明があり、いよいよスタートです。
参加者それぞれ釣り場へと散って行きます。



我々2人はとゆうと、朝日に照らされ朝ごはん。

9C72D93E-0863-43C9-9679-CEE5D7E8DC6F.jpg

よぴこのサンドイッチと、あっきーの新たまねぎのコンソメスープ。
外で食べると美味しいですね。

余裕をぶっこいてるわけではありません。
腹が減っては戦はできぬと言うじゃないですか。
腹ごしらえも戦いのうちです。

この日は寒波が来ており、和歌山も風が強く吹いて寒かったです。
朝ごはんを食べ終わり、テントでストーブを焚いて少し休憩。
そこへ突然の睡魔が…。
『寒いし、もう少し日が高くなって釣ろか』



起きたら9時すぎ。
テントを片付けたり、隣接する売店でお土産ものを買ったり…

​釣りする時間がなくなりました。




時刻は11時30分。
続々と参加者がウェイインします。
我々2人も帰着報告。
釣りしてないですけどね。

報告を済ませるとコーヒーチケットがもらえます。
協賛メーカーであるルアーメーカーの​COREMAN​さんが、COREMAN CAFEとゆうブースを出してくれて、参加者に美味しいコーヒーをふるまってくれました。

1E38BDB5-2185-4FA9-85B3-A140C4564AEB.jpg

冷えた体にコーヒーが染みていきます。
COREMANさんありがとうございました。



そして閉会式。
その前に参加者全員で清掃活動。
そもそもゴミが少ない。
活動自体も素晴らしいですが、ゴミが少ないことが一番素晴らしいこと。

清掃活動が終わり、景品の引き換え券をもらって、いよいよ閉会式。

まず他魚部門の表彰。
3sオーバーのハマチを釣った方が1位でした。

B5F324EC-63BC-4CC5-8FBA-2FC3152E3F2C.jpg

会場の目の前で釣られたそうです。

メインのエソ部門では昨年2位の方が優勝。

86560D79-07C9-407C-A730-BCC7082691F3.jpg

その前は3位と、順位を上げて見事に優勝。
副賞は宇宙でたった1本のエソ釣り専用ロッド。
その名も​ESO Stick。
D4D284D7-7A43-4E86-BB45-55681D077D86.jpg

すごいの作ったな。



レディース部門、ジュニア部門の表彰もあり、お楽しみのジャンケン大会。
豪華賞品をゲットするため、今度は釣りではなくジャンケンで競い合います。
ちなみに、淡路島観光ホテルのペア宿泊券で最後まで残りましたが敗退。
今年一番の悔しい想い出となりました。

最後は顧問の​ちよまるさん​の挨拶で閉会式は終了。
景品の引き換え券で景品に交換してもらい、皆さんに挨拶して帰りました。



タイトルに初参戦と書きながら、釣りはしていませんが、めっちゃ楽しかったです。
たぶんブログでは伝わらないでしょうが、本当に楽しい大会でした。
ジギングで外道として釣れるエソを本気で狙う。
洒落のわかるアングラーの最高の娯楽。
これを読んでくれているあなたも、来年は是非参加してみてはいかがでしょうか?



来年はちゃんと釣りします。

あっきー。

【エソワングランプリ公式ホームページ】
posted by あっきー&よぴこ at 17:23| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

スノートリップ ひらゆの森 VOL.3

まいど、あっきーです。




まさかのVOL.3です。
そろそろ飽きてきた頃でしょうが、もう少しお付き合いください。



美味しい夕食に満足した2人は、露天風呂を楽しみました。
公共の場なのでケータイもカメラも持ち込めませんので、ひらゆの森のホームページでご覧ください。
めっちゃ最高のロケーションですから。



ポカポカです。
何度来ても「ここの子になる!」と思ってしまいます。

お風呂あがりにお部屋でワイン。
これも恒例です。
テレビを見ながら浴衣でのんびりと、湯呑みに注いだワインを飲む。
幸せです。

年齢のせいなのか、来るたびに就寝時間が早くなってる気がします。
この日も9時半ごろ消灯。
2人とも午前3時に眼が覚めましたが、その後もぐっすり眠れました。



午前6時に起床。
顔を洗い歯を磨いたら、早朝の露天風呂へGO。
なんと贅沢な時間でしょう。
朝の澄んだ空気に立ち昇る湯気を独り占め状態。
最高です。



最高の早朝露天風呂のあとは、これまた最高の朝ごはん。

B6225FF6-4FE3-42EA-BE37-3281FA234B69.jpg

素朴です。
右上の玉子は生ではなく温泉玉子。
シンプルに塩で食べると甘くて美味しいです。

そして一番の楽しみは
​ほう葉味噌
E08D597A-86F7-4C74-B2B8-DD856C363BB0.jpg

ほう葉の上に地元の味噌を乗せ、下から固形燃料で温めます。
温まったところを少しずつご飯にのせ、一気にかきこむ。
これだけで3杯おかわりです。
お土産に買って帰るので、たまに自宅でも楽しんでます。

今年も美味しい郷土料理をありがとうございました。
ごちそうさまです。



朝ごはんを食べたら身支度を整えて、少し早めのチェックアウト。
名残惜しいですが、また来年のお楽しみ。
ひらゆの森のみなさん、お世話になりました。



お次は観光。
向かうのは映画​『君の名は』​の聖地として知られる飛騨古川駅。
実はあっきー、今年1月の地上波放映で映画を見て、どハマりしました。
何度も繰り返し見ては泣いてます。

映画に出てくる景色がこちら

99515403-90AB-4B99-B9BF-3FB1A4EAB98B.jpg

7E1EFB7D-7D06-4A02-9EAE-09F0FC8AB8C5.jpg

飛騨牛のマスコットも実在します。

CF9BE57A-BA97-4B95-844C-DA652623AF7B.jpg
2A42F9B7-CAAB-4387-BA92-9109745A222D.jpg

とても小さな駅舎ですが、上映当時はかなり賑わったそうです。



次は映画にも出てきた​組紐​。

6F505029-BD1E-4789-BE0B-34752DDE1325.jpg

9DCCDC62-57A9-4B51-800E-1F850AD8BEA5.jpg

よぴこと組紐体験。
あっきーはブレスレット、よぴこはキーホルダーを作りました。

7A7A94DD-DB63-41CA-99A0-1F4DCC86096A.jpg

9135A4C2-3BE4-42E9-B08E-0DCE99B0ABB5.jpg

店内では映画のサントラが流れており、映画の中に入り込んだ気分になります。
良い旅の想い出になりました。



時刻はお昼過ぎ。
昼ごはんは飛騨そばを食べました。

5C33B079-185A-47DC-9BC1-14535F6C601C.jpg

3104DC7E-AA0F-4E47-A353-1AD82C646B8B.jpg

8712C12F-82FC-45F7-AB71-F0184FE0B214.jpg

ふきのとうの天ぷらと、郷土料理のネギ味噌の天ぷらも追加。
岐阜県て何を食べても美味しいですね。
ごちそうさまです。



お腹が満たされたので、​飛騨の家具​を見に行きました。
飛騨の家具館。

8740CF92-B163-4776-BBF1-2344836C8721.jpg

伝統的な飛騨の手造り家具の販売と展示をしてあります。

6F5E2ADD-021A-4BE5-A9AD-3B8BADD21DDB.jpg

53E3E9AF-BA31-4885-B018-72F18BB3EB50.jpg

C1FD3FE1-62BF-44E4-9C09-1DD5B3F5BA38.jpg
75541725-9E68-40B1-8E3A-A63D170C273D.jpg

和、洋を問わず、すべて職人さんの手造り。
素晴らしいです。
こうゆう技術や伝統は、後世に伝えて残していくべきだと思います。
いつかは飛騨の家具に囲まれて生活してみたいです。


その後、地元のスーパーでお土産を買って、今回の旅は終了。
岐阜県を満喫しました。



VOL.2で終わるつもりが、まさかのVOL.3。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あっきー。
posted by あっきー&よぴこ at 08:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

スノートリップ ひらゆの森 VOL.2

まいど、あっきーです。




スノートリップ ひらゆの森 VOL.2です。

久しぶりの高山ラーメンでお腹を満たした2人は、いよいよお宿に向かいます。

到着したのは午後2時すぎ。
午後3時のチェックインまで少し時間があります。
とゆうことで辺りを散歩。
ひらゆの森の隣には大きなバスターミナルがあります。
『氷菓』とゆうアニメの聖地だそうです。

2D2F4ECD-EFA4-4E91-89E8-174CE46D5535.jpg

見たことがないのでピンときません。

ひと通りお土産物を物色し、とある酒屋さんへと向かいます。
つるや商店さんです。
ここお店は店先に温泉が湧き出ており、100円で温泉たまごが食べられます。

EDF344D8-9D3A-4A7B-A8EC-C2EBC7D60FC7.jpg

A9C80F37-B85E-40E0-BBA8-C4CA8C4B6890.jpg

はんたい玉子とは、ゆで玉子の反対とゆう意味だそうで、ゆで玉子の半熟は白身が固くて黄身が半熟ですよね。
でも温泉たまごは黄身は少し固くて白身が半熟とゆうことから、はんたい玉子と呼ばれているのだそうです。

では店先で。

0BC94E6A-4151-40B5-B6AA-6FF7DABBACA6.jpg

902140ED-6BF1-4BB6-A958-6BAE927A0EE0.jpg

めっちゃ熱い!
んで美味い!

これに合わせるのは

ED1EB6C3-364D-47F2-BE4F-58481C973D16.jpg

飛騨の地ビールしかないでしょう!

あっとゆう間にペロリ。
時刻もちょうど良い時間。
そろそろお宿へ。



こちらが本日のお宿​『ひらゆの森』​です。

E0FE908C-E409-4B49-BE9B-76BE6B25B446.jpg

合掌造りの建物で、とても雰囲気のある良いお宿です。
日帰り入浴も可能で、露天風呂もあります。
露天風呂も温度別に7つほどあるので、好みの温度を探してみるのも楽しいですね。

そして宿泊客専用の貸切風呂がこちら。

0E8F49FD-8A31-492A-B585-BF8819CF9B54.jpg

F0D25A16-6DFC-4466-9406-329CE744CA97.jpg

6B8735F3-23A2-4147-A2A9-14D95D28A9C3.jpg

小さな扉を開けて外に出る感じです。
さすがに雪は少なかったですが、冬のピークだとこんなに綺麗です。

0F38D250-B9E4-449B-90A7-3B4FB301DBCC.jpg

これは一昨年の画像。
雪を見ながらの露天風呂は最高でした。



貸切風呂で温まった2人は部屋で缶ビール。
晩ごはんの時間まで、のんびりとすごしました。



そしてお待ちかねの晩ごはん。

はい、ドーーーン!

B6218079-688C-49BB-8F36-DE2FC1ED5D11.jpg

47D298F2-9398-4A72-9B63-F593831E0EC7.jpg

​飛騨牛様​でございます。
われわれオーバー40の胃には、これくらいの量でちょうどいいのです。

D4034827-130C-4CE4-95D5-9C6E8A08F743.jpg

93877B9F-C5BB-4167-AE8B-47412937AF9E.jpg

その他はこんな感じ。
ニジマスの塩焼き、鴨の燻製、山菜料理など、素朴な地元のお料理。
こうゆうのが良いんですよ!
他府県から訪れる者にとっては特別な料理なのです。
毎年ほぼ同じメニューですが、その料理に癒されるのです。
今年もごちそうさまでした。




さて、VOL.2で終わる予定だったのですが、長くなったので続きます。

あっきー。
posted by あっきー&よぴこ at 09:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする