2017年08月28日

釣り日記 ~Day Dream Angler~ 素敵な仲間たち編

まいど、あっきーです。




​何から書こう…

​いざブログを更新しようとしても、内容が濃すぎて、楽しくて、最高で、書きたいことがたくさんで困ってしまいます。
全部書けるかな?
それくらい笑いの絶えない1日。



今回は、あっきーの人生で一番長く釣りをした、素敵な仲間たちとのコラボ釣行のお話です。





8月26日の土曜日。
夕方に人生初の​ハゼクラ​で、見事にホゲたあっきーは、仲間を迎える準備。
Instagramで繋がっている​ポコニャンが、遊びに来てくれるので、一緒に釣りをしようとゆうわけです。

ポコニャンは、
​Day Dream Angler 神戸のスペシャリストとメバリング編​に登場しているので、良ければそちらをご確認ください。
↓ ↓ ↓


今回は会わせたい仲間を2人連れてくるとのことで、とても楽しみです。




21時ごろ到着予定だったので、よぴこと2人で近所の中華料理店で食事をしていると、予定より早く着いたのと連絡が。
和歌山インターを降りてすぐの、某釣り具店にいるとのこと。
ちょうど食べ終わるタイミングだったので、さっそく向かいました。




店内でポコニャンと再会。
およそ5ヶ月ぶりです。
相変わらず笑顔の素敵なナイスガイ。




そして連れてきたお仲間は、これまたInstagramで繋がっているA氏。
写真も名前もNGなのでA氏とゆうことで。
この人は完全にムードメーカー。
ちょこちょこくりだす小ボケと、見る者を圧倒する旺盛な食欲で、我々を楽しませてくれます。





そしてもう1人。
なんと​ブリーデン​のフィールドスタッフで、仙人でおなじみの​サミーさん​!
初めてお会いしたのですが、あっきーのようなへっぽこアングラーにも優しく、そして気さくに話しかけてくれました!
​やんちゃな紳士​。
今でも少年のような心を持ち続け、でも立ち振る舞いは紳士。
そんな素敵な人でした。
釣りをご一緒できて感動です!





再会や出会いの感動もそこそこに、さっそくあっきー宅で作戦会議をしたいのですが、初めて訪れた和歌山の釣り具店に興味津々です。
わりと長い時間4人でキャッキャしながらアイテムを物色。
実はあっきーは午前中も来てたので見るものないんですけど…。
それでも楽しいもんです。




やっとこさレジで支払いを済ませ、いざあっきー宅へと思ったら、今度は写真撮影会。

DB0D35A1-E739-4D13-A10D-B8F1BF1B7C5D.jpg

E15D5BB2-740B-43D6-9099-F7300CBA4502.jpg

090D2693-7744-4509-B6E0-1AC635D7501F.jpg

この撮影会を車から見ていたのがよぴこ。
おっさん4人めっちゃ盛り上がってたと笑ってました。
A氏と肩を組み、顔を寄せ合った、ラブラブの写真をお見せできないのが残念です。




やっとあっきー宅で作戦会議。
みんなが知り合いから聞いてきた、和歌山のポイントを確認です。
その中から移動可能なポイント3ヶ所を選択し、順番にまわろうとゆうことになりました。

その中に朝まづめが狙い目のポイントがありました。
ん?朝まづめ?
そう、この人たちは朝まで釣りをするつもりなのです。
​やってやろうじゃないですか!
遠路はるばる和歌山まで、あっきーに会いにきてくれたのです。
どこまででも付き合いますよ!





とゆうことで最初に訪れたのは、あっきーのホームグラウンドである某漁港。
前もって調査に行ったのですが、その時は豆アジくんが遊んでくれました。
まずはここで豆アジングです。



ファーストフィッシュはポコニャン。
さすがです。
お次はサミーさん。
うんうん。
そしてA氏。
…。



その後ポコニャンは連チャン。

677508FB-EBCD-412C-8B28-6F923FFAA567.jpg

他のお2人もコンスタントに釣果を伸ばしていきます。



焦りました。
ホームグラウンドですから。
圧倒的なテクニックの差の前では、地の利など関係ないのです。
いや、単純にあっきーがへっぽこなのです。
アタリはあるのですがフッキングしないもどかしい状況。

それでもなんとか
​キターーー!

A1FB182A-9F1C-4B20-AFFF-A347D1CBA8E1.jpg

もう2度と会えないのかと思いました。
愛しの豆アジくん。



その後もなんとか釣れてくれました。

A7B3C424-AE51-40BB-8A92-BF47E3C4AE7C.jpg

F050742F-C205-404D-AAB3-D3E07EADC391.jpg



今回はサミーさんにアジの血抜きの仕方を教わりました。
今回のような豆アジなら氷じめでもいいですが、今後のために練習として、1匹ずつ血抜きをします。
アジとメバルで切る場所が違うのも教わり、とても勉強になりました。
サミーさんありがとうございました。



おっさん4人でわいわい豆アジング。
お互いのワームを交換して試したり、まるで居酒屋でのトークのように笑いながら釣りしたり、とても楽しい時間。

905FD756-6F92-4A3F-A302-50D6FCCB49B9.jpg

3人で豆アジを持ってポーズ。



豆アジング中に印象的な会話がありました。
あっきー「みんな笑いながら釣りして楽しいね!釣りしてるってより居酒屋で騒いでるみたい!」

ポコニャン「あっきーこうゆうの何てゆうか知ってる?」

あっきー「?」

ポコニャン「こうゆうのを​仲間​ってゆうんやで」



たかがSNS。
たまたま釣果の写真をアップして、「いいね!」したり、されたりしたことから始まった、出会いと繋がり。
ポコニャンとは5ヶ月前に神戸で、たった1度だけメバリングをした仲。
それでも会わせたい仲間を連れて、わざわざ和歌山まで会いに来てくれる。
ポコニャンに、会いに来てくれたサミーさんに、A氏に感謝。





そんな会話をしながら、楽しく豆アジングをしていたら、時間は午前3時をまわってました。
朝まづめが狙い目のポイントに移動する時間を考えると、そろそろ片付けないと間に合いません。
そして移動時間の関係で、ピックアップしていたポイントを1つ諦めることに。



豆アジングはいったん終了。
遊んでくれた豆アジくんありがとう。
美味しくいただきます。

8AB78FFF-C172-40CE-A050-2BADCEC104E6.jpg

D1C7687A-E107-4BB1-B3B8-E8562339E928.jpg

B8A60ACD-C0FD-4F75-97B3-B49AEE3D8D22.jpg

釣果の写真を忘れたので一部だけ。





移動の途中コンビニで買い食い。
あっきーは上着を取りに帰りました。
この日は朝から曇りがちで、夕方のハゼクラの時も風が涼しくて、気持ち良かったです。
そのせいか豆アジング中、寒がりなあっきーは少し肌寒く感じました。
日中まだまだ暑いですが、秋はすぐそこまで来てますね。
まさか8月の和歌山で上着が必要になるとは思ってもみませんでした。





お腹が満たされた一行は、​タチウオ​とカマスとが釣れるとゆう某ポイントへ。
ここは話には聞いていましたが、あっきーも初めて訪れるポイントです。
この時点であっきーとポコニャンは眠さの限界。
ポコニャンは帰りの運転を考慮して、車で仮眠をとることに。



サミーさんにレクチャーしていただき、あっきーがキャストするのは、ブリーデンの​メタルマル13g​。
あっきーが唯一持っているブリーデンのルアーです。
これを機会に他も使ってみます。



数投目でカマスがヒット。
リリースサイズですが、フックが目に刺さってしたので、お持ち帰りすることに。
カマスの大切な命、感謝して美味しくいただきます。



その後もキャストを繰り返すものの、まったく反応がありません。
そこでサミーさんが、先行者から情報をもらったとのことで、近くのもう1つのポイントへ移動することになりました。



着いてみると急な下り坂。
ほぼ藪こぎ状態で、長い坂を下った先には、そこそこ大きな堤防。
ここにも先行者が数名。

まずは先行者から情報収集。
いいサイズの丸アジとカツオが釣れたとのこと。



あっきーは引き続きメタルマル。
地元のお父さんから、堤防の先端がいいと教わり、さっそくキャスト。



2投目でヒットしたのは​エソ​くん。
これはリリース。



エソ以降は誰も釣れないまま、辛抱の時間が続きます。
ルアーを変え、レンジを変え、魚からの反応を待ちます。



あっきーとサミーさんがボトムまでルアーを落としたタイミングで強烈なボイル発生!
慌ててルアーを回収しましたが時すでに遅し。
それでも隣でキャストしていた見知らぬお兄さんは、ボイル中にキャストし、見事に釣り上げました。
ボイルの正体は​シオ​でした。
カンパチの子供ですね。
30数pでしたが、とても綺麗な魚体でした。

まだまだ回遊してくるチャンスあるぞと、張り切ってキャストし続けます。



ここで仮眠していたポコニャン合流。
コンパクトなロッドでボトムワインド。
さっそく​ガシラ​を釣り上げます。

3BB04A72-E4D5-4E32-9DBD-3B7CA6926D05.jpg

ボイル待ちの間に、あっきーも道具を借りて、初のボトムワインド。
ガシラ2連発。

31A19E9B-E2AB-45CB-843E-5CC9B88E985E.jpg

2匹目は味噌汁サイズだったので、お土産にキープ。
ポコニャンに借りたのは​aqua waveのSpark40​に専用ジグヘッドの2g。

A18818C5-8915-4C60-82DD-760165F7B54A.jpg

これめっちゃ楽しい!
オレも買おっと。
オススメです。



気がつくとA氏の姿が見えません。
どうやら疲れて寝てしまったようです。
しかも堤防のわりと邪魔なところで。
でも今までムードを盛り上げてくれたので、起こさず寝かせてあげましょう。
たとえボイルがおきたとしても。



引き続きボトムワインドを楽しんでいると、若者たちが数名やって来ました。
堤防の脇に小さなゴロタ場があり、そこで楽しそうにバシャバシャと泳いでいます。

次のボイルはシオではなく​若者たちのボイル​でした。



このタイミングで今回の釣行は終了。
時刻は午前8時すぎ。
狙っていた獲物は釣れませんでしたが、やりきった充実感でみんな笑顔。



帰り際、シオを釣ったお兄さんにポコニャンが話しかけると、実家は和歌山で帰省中ですが、住んでるところはポコニャンのご近所。
なんと、ここでも素敵なご縁が。
ポコニャンは名刺代りにオリジナルステッカーを渡し、あっきーは自分のステッカーを持っていなかったので送る約束をし、お兄さんとInstagramで相互フォローさせてもらいました。
ちゃんと連絡が来たので送らせてもらいます。



さて、道具を片付けて過酷な坂を…



おっと、A氏を忘れるところでした。
寝ているA氏を3人で囲み、写メを撮ったり、いじり倒したり。
最後の最後まで笑いが絶えませんでした。



過酷な上り坂を登りきり、A氏と電話番号やLINEを交換。
サミーさんとも連絡先の交換をしたかったですが、恐れ多いかと思い言いだせませんでした。
次にお会いした時のお楽しみとゆうことで。



ひとしきり釣りの話で盛りあがり、荷物の積み込みもできたところで、解散することに。
最寄りのインターチェンジまで、あっきーが前を走ります。

さっきまで助手席にポコニャンが。
今は1人。
そういえばお別れの挨拶も、なんだか軽い感じだった気が…。

インターチェンジの少し手前に、広くなった駐車スペースがあり、そこに車を停めました。
1人1人と握手をし、今度はきちんと挨拶できました。
そしてお互いに、何度も何度も感謝の言葉。
次も会おうとゆう約束。
最後の数分間でさらに絆を深めました。



改めて出発。
インターチェンジは目の前です。
二車線で車が並びました。
分岐で車が見えなくなるまで、ずっと笑顔で手を振ってくれました。
あっきーも泣きそうなのをこらえ、笑顔で手を振り続けました。



ちょっとおセンチになりましたが、もう淋しくはありません。
だって仲間ですから。
仲間である以上、また必ず会えるのですから。

そう言い聞かせ自宅に戻り缶ビール1本で撃沈。
魚を捌くつもりが、夕方5時まで寝てしまいました。



夕飯はアジの唐揚げ、南蛮漬け、ガシラとカマスで出汁をとった味噌汁、畑で採れた野菜など。

63FD0D88-FFB1-4E1F-BAFB-4B2D93CDB4DD.jpg 

83ED5A6E-73E3-4919-A45C-6237F04113F0.jpg

9820851F-246E-4F58-910D-5595B16F2D03.jpg

A6B06522-6B54-4184-B84A-AD7F6E1A4D58.jpg

寝ている間に、よぴこが魚たちを捌いてくれました。
休日出勤で疲れているのに…感謝です。



仕事のため釣りに同行できなかったよぴこに、今回の釣行の話をしながら美味しくいただきました。




今回の釣行。
何度も仲間とゆうワードが出てきました。
もちろん和歌山にも大切な仲間がいます。
釣りだけでなく、バンド、ノンジャンルで遊べる仲間たち。
その仲間たちは何度もブログに登場してます。
タイミングが悪くて、書ききれない人たちもいますが、みんな大切な仲間です。
相手が同じ想いかどうか別にして、あっきーは仲間だと思っています。
本当はそんな言葉などなくても、共通の趣味を通じて、集まって楽しめたらそれでいいのかもしれません。
わざわざ言葉にする意味も、必要ないのかもしれません。
それでも仲間とゆう言葉を、その仲間たちを大切にしたいなと、改めて思えるような釣行だったので、あえて今回は多用しました。




今回はおよそ半日にも及ぶ、素敵な仲間たちとの釣行のお話でした。




そうそう。
ポコニャンからお土産をもらいました。
彼の地元の地ビールです。

B71BB950-E8EE-4B49-AF02-DFA764869A4B.jpg

よぴこと乾杯します。
ポコニャンありがとね!


あっきー。

posted by あっきー&よぴこ at 19:30| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

バファリンの半分は優しさ、残りの半分はポリタンク。

まいど、あっきーです。





突然ですが手頃な大きさのポリタンク​持ってますか?
すみません、​冬キャンプにおける灯油の運搬​の話です。
あまりに突然すぎて

「急に何を言いだすんだ?」
「本当に突然だな。」
「は?ポリタンク?」
「朝はパンより米派です。」

など、様々なことを思ったことでしょう。


実はあっきーも皆さん同様、常に​手頃な大きさのポリタンク​のことを考えてました。
だって大事な物ですからね。
バファリンの半分は優しさで、残りの半分はポリタンクとゆう話もあるほどですから。
それくらい大事です。

​灯油​をどうやってオシャレに運ぶか?
我々の生活において、皆さんが一度は悩むことですよね?


でもポリタンクってデザインがダサかったり、なかなか気に入った物がないんですよね。


ネットで探しても​金属製​の物が多かったり、容量が大きかったり、重くてお高い。
なかなか買うのに勇気がいります。
このまま灯油をオシャレに運べず、街を歩けば子供達に石を投げられ、苺ショートを食べようとすれば苺だけよぴこに奪われ、ただ生クリームとスポンジケーキの塊だけを食べるハメになり、人生が終わって行くのかと諦めてました。

でも




​見つけました。
オシャレで手頃な大きさのポリタンク。

9E344B93-EA7C-45EA-B036-4D9877FA2970.jpg

39921EF1-8EF7-4559-B6D8-ADE28E88000E.jpg







普通やん。
て、思ってるでしょう?
これ注ぐ時の​ホースが収納​できるんです。

3AC3B172-4582-4E76-8B28-F0AA631D9235.jpg

​はい、かわいい。

容量も5ℓとちょうどいい。






ホースを付けるとこんな感じ。

FA6EA5D1-2F79-457E-AA9E-C7FE8E3851FE.jpg

​ええやん!






なんとなく寄生獣のミギー感がするのも良し。

4BDB5E88-B63D-4594-A9B3-C97093938CB6.png
※参照画像


灯油を入れるたびに
「おいシンイチ」
と呼びかけてくれそうなフォルムです。





この素敵なポリタンクは、よぴこがInstagramでフォローしている雑貨屋さんが、たまたまpostしているのを見つけたものです。

よぴこは製品の強度など、ネットで調べました。
評価も高く、価格の割に丈夫とのこと。
先ほども書きましたが、金属製ではなくポリタンクなので、軽いのがいいですよね。

少し詳しく説明すると、ドイツのTUF規格認証、危険物運搬として国連の認証も受けており、最高水準の安全性と信頼性を誇る、​ヒューナースドルフ社​製の「高密度ポリエチレン製キャニスター」。
ロック機構付きのキャップは機密性が高く、万一倒れても液体が漏れる心配もありません。

これだけのクオリティーとデザインで、なんと価格は2千円でおつりがきます。
財布にも優しい。
さすがバファリンの半分と噂されるだけありますね。




買いに行ってみると、5ℓのタンクは最後のひとつでした。
やはり皆さん頭の中は、手頃な大きさのポリタンクでいっぱいなんですね。

最後のひとつを無事にゲットしました。
これで子供達に石を投げられることもなく、苺ショートの苺をよぴこに奪われる心配もなくなりました。





そしてこのポリタンクに合わせて使うのは、去年の春にリサイクルショップで、格安で購入したレインボーストーブ。

36158657-976F-4718-BD1F-67ECC72A5E9C.jpg


これで冬キャンプの寒さ対策は一部解消されました。
早く使ってみたいですね。




いかがですか?
手頃な大きさのポリタンク。
皆さんがオシャレに灯油を運ぶ時の参考になれば幸いです。
このブログを読んだオシャレ女子が、ブランド物のバッグをポリタンクに持ち替えて、街を歩く日が来るかもしれません。
その際は、スマホやお財布、化粧ポーチも入りませんのでご注意ください。





今回は、やっと手に入れた、オシャレで機能的なポリタンクのお話でした。

あっきー。



posted by あっきー&よぴこ at 16:58| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

お盆休みを満喫!あっきーとよぴこの夏休み!その2

まいど、あっきーです。




前回はあっきーの地元、岡山県に帰省したお話を書きました。
今回は​古座川キャンプ​のお話です。




8月13日の午前10時。
少し遅めの出発。

古座川での川遊びがメインなので荷物は適当。

7E182E66-B21E-4759-B739-1EB98652EF7A.jpg

出発してはみたものの、南向きの高速は渋滞中。
仕方なく御坊南I.Cまで一般道を走りました。




どこもかしこも混んでます。
途中で食材を買ったスーパーも、車を停めるのに一苦労。
なんとか晩ごはんの食材を購入し、古座川の川原に着いたのは夕方の4時をまわってました。

ここはキャンプ場ではありません。
川遊びのために駐車場とトイレが用意された、普通の川原です。
駐車場も無料です。
キャンプをしても大丈夫ですが、自己責任でゴミは持ち帰るのがルール。
野営感も楽しめオススメですよ。




テントを張って5時前。
まだまだ泳いでいる若者はいましたが、あっきーとよぴこに5時から泳ぐ勇気はありません。



とりあえず風を感じながらビール。
つまみはスーパーで買った​本マグロの中トロ​。
これがスーパーのレベルを超越した旨さ。
さすが和歌山ですね。

2125DB2B-327A-464E-BB77-83B815CD104C.jpg

ええロケーションでしょ?
秋を感じさせるような風が心地よかったです。
よぴこと2人並んで、川や山を見ながらビール。
最高に贅沢な時間でした。



晩ごはんはBBQ。

A9EC4154-1598-4477-834D-7C38DF6EA682.jpg

ビールに飽きたら赤ワイン。
肉はそこそこにアジの干物を焼いてました。
赤ワインにアジの干物は合わないのでお気をつけあれ。




よぴこが酔っ払ってコケたり、何を言ってるのかわからないので、テントに押し込みました。

と、翌朝のTwitterで知りました。
そう、2人とも酔っ払って記憶が曖昧です。
怒られた記憶がないので、他のキャンパーに迷惑はかけてない…はず。
みなさん飲み過ぎには注意しましょう。




翌朝、軽く朝食を済ませたら川遊び。
今回のミッションは​手長エビの捕獲​。

100均のセリアで買った網で挑みます。

3F36DFC5-BAAD-4AB8-A13B-BC67185F965E.jpg


しかし数年前と地形がかわっており、エビの数も少ないです。
捕れるのは普通の川エビばかり。

それでもなんとか食べれるサイズを数匹ゲット。

5151AFDD-3A51-47B7-99D8-4BDAACBAAB7E.jpg

川原で素揚げに。

6CBE1779-AB1F-4CC3-8495-0CFBD20ED058.jpg

しっかり旨味があり大満足でした。



遊び疲れた2人はカップヌードルで昼ごはん。
外で食べると美味しいですよね。

すると突風にあおられ、他のグループのタープが飛ばされました。
そのグループの人は近くにいない様子。
食べるのをやめ、よぴこと2人で向かいました。
子供たちとカヌーを楽しんでいる方と4人で、なんとかタープを救出。
飛ばないように畳んでおきました。

自分たちのタープに戻るとカップヌードルは冷めてました。
無念。




もう一泊してもよかったのですが、よぴこが雨雲を感知していたので、とりあえずテントは片付けることに。
よぴこの雨雲を読むスペックは、アウトドア時に役に立ちます。




少し休憩して手早く道具を片付けたあとは、すぐそばの​ぼたん荘​とゆう温泉へ。

こちらは温泉旅館ですが、夕方5時まで日帰り入浴もできます。
露天風呂はないですが、泉質もよく、清潔感のある良い温泉でした。




温泉で疲れを癒したら、お待ちかねの​海の幸​。
何度も訪れている​渚の駅・水門まつり​へ。

あっきーはキハダマグロの切り落とし丼定食。

EEC35DF3-9A69-4C17-8F4F-937FBAE36282.jpg

よぴこはいつものマグロカツ定食。

新鮮なマグロに大満足。
ごちそうさまでした。





川遊びで疲れた体を温泉で癒し、大好きな海の幸でお腹がいっぱい。
となれば眠くなるのが自然の摂理。
釣りをする予定ですが、常夜灯が点灯するまで少し仮眠。






起きたら午後7時。
あたりは真っ暗。
近くの漁港へ移動してアジングです。
よぴこはタコ釣り。



一投目からサバ。
20pくらいあるのでよく引きます。

表層を引くとサバばかりなので、少し深いレンジを探るとこのとおり。

23715CCB-3EC1-4B1F-9C96-F7E4F7C1353B.jpg

待望のアジです。
その後も同じレンジで同じサイズのアジが連発。

たまにフォール中にサバがヒットするので、飽きることなく楽しめました。

けっきょく短時間でアジとサバ合計で20数匹。
遊んでくれてありがとう。
大きくなったらまた遊んでね。
魚たちに感謝して、漁港を後にし家路へ。




途中で予告どおり雨が。
よぴこの言うことを聞いておいてよかった。





2回に分けて書いた、あっきーとよぴこの夏休み。
ここ近年まれに見る充実っぷりでした。

これを書いてる16日は仕事です。
働きたくない…。




そんなお盆休みのお話でした。

あっきー。

posted by あっきー&よぴこ at 11:02| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする