2017年07月27日

釣り日記 ~Day Dream Angler~ 尺ロマンを求めて編

まいど、あっきーです。





子供たちは夏休みですね。
いつもより寝坊して。
友達どうしで海に行ったり、夏祭りに行ったり。
いつもは何も思わないクラスメートの浴衣姿にドキッとしたり。
それがきっかけで恋が始まったり!





​そんな奴らは金魚すくいでスマホ水没しろ。





とゆうわけで、先日より数名の方から​尺アジ​の情報をいただいてました。
今回は


​Day Dream Angler 尺ロマンを求めて編

をお送りします。
どこかで聞いたようなタイトルなのは気のせいなのでスルーしてください。



7月27日。
定時で仕事を終え、会社で着替えたあっきーは、明るいうちに某漁港へ。
21時半が満潮の潮止まりで、まだ少し潮位が低いですが、さっそくキャスト。
今日はDaiwa月下美人7.6ftに2000番のリール、PEは0.4号。
TICT Mフロートを使います。
リーダーはフロロ2号からの1号で、ジグヘッドはTICTアジスタS 0.4g。
ワームもTICTメタボブリリアントとフィジットヌードの各カラー。
正解が見つかるまでとにかくカラーローテションしていきます。


ごろた場で底が見えているため、なるべく水位の高いところまで歩き、少しずつ深い方へと進んでいきます。


何投目かでさっそくヒット!

先に来ていた親子連れがこちらを見ています。
少し得意げにリールを巻くあっきー。

ちょっと軽いな…小さいな…






と思いながらあげてみると​子サバ​。

5F5C92A2-F182-46FF-9AF1-B9FD48A96078.jpg

とりあえずお帰りいただきました。



ちょ、アジかと思ったやんか!
頼むでほんま!







気をとりなおして再びキャスト。
するとヒット!

後から来たアジンガーが見ています。
さっきより引きが強い!







​子サバ。


もうええって…。





その後アタリはなくなりましたが、気がつくとアジンガーは増えていました。

​負けてられへん。


あっきーの闘志に火がつき、ワームのローテーションからリトリーブスピードなど、細かく変えてパターンを探ります。
まだ誰も釣ってない様子。






その時、すぐ目の前で待望のヒット!




しっかり合わせを入れると
​勢いで水面から豆アジが飛び出しました。






​え?





​合わせで水面から飛び出す大きさの豆アジ…。
サビキでええやん。





お父さんかお母さんを連れて来てね。

そう心でつぶやき、写真も撮らずリリース。



その後、子サバ2匹追加。
合わせたあとラインが横に走るとがっかりします。


気がつけばアジンガーも帰り始めました。
潮止まりまであと30分。
このまま帰れないあっきーは、来た時から気になってたシャローエリアに入ります。
ベイトが表層でピチピチ。
道路から漏れる常夜灯の明かりの明暗部にキャスト。
ゆっくりリトリーブすると引ったくるような強烈なアタリが!




ワームをチェックしてみると半分ありません。
​歯の鋭い丸いアジのしわざですね。

うん、アジです。
きっと尺アジです。




心が折れたのでワンキャストで終了。



そんな簡単に釣れるとは思ってません。
次は火曜日にリベンジです。

​Day Dream Angler 尺ロマンを求めて
エピソード2
​でお会いしましょう。

何エピソード目で釣れるのか、不安しかありません。



あっきー。
posted by あっきー&よぴこ at 23:50| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

初めての和佐又山キャンプ場

まいど、あっきーです。



連日の猛暑。
みなさんは熱中症など、体調を崩したりしてませんか?
くれぐれもご注意ください。



7月15日からの3連休を利用して、​和佐又山キャンプ場に行ってきました。
標高は1,176m。
涼を求めて山の中へ。



15日、早朝から出かける予定でしたが、急な仕事で10時すぎに出発となりました。
自宅から和佐又山キャンプ場までは約3時間。
途中で食材やドリンクなど買い物をして、ぼちぼち進んで行きます。
大滝ダムや大迫ダムなど、いくつかダムを見ながら進むと、国道から和佐又山に向かう登り坂が出てくるのですが、この坂が驚くほどの急勾配!
カブで来ていたソロキャンパーの方とInstagramで繋がりましたが、一速で登るのも大変だったそうです。
いちおうアスファルトの道路ですが、ところどころ割れたりと悪路が続きます。



なんとか登りきり、受け付けを済ませたのが13時半。
さっそくテントを設営です。

083B9035-CDD0-4B29-BAAB-2BB1869FFB52.jpg

211D3BF1-8C7E-422E-A633-8CE697E4D1E0.jpg

お気に入りの道具たちもセッティング完了。

今回はベタにBBQをするので、タープはドーム型ではなく、ワンポールテントと連結できるヘキサ型です。
なかなか目立つらしく、可愛いですねと、何人かの人に声をかけていただきました。


あっきーたちがテントを張ったのは、受け付けの​和佐又山ヒュッテ​から少し登ったエリアで、車が横付けできるサイトです。
ヒュッテの目の前にもテントは張れますが、車が横付けできないので、駐車場から荷物を手で運ぶことになります。


和佐又山は国有林で、折れた木の枝ですら国に管理されたものです。
焚き火などに使うのはルール違反なので、焚き火をされる人は、自分たちで薪を用意しましょう。
ヒュッテでも販売してます。



テントの設営も終わり、簡単に昼ごはんをすませたら、お待ちかねの

​だらだらタイム。

​タープの下にわずかにできた影でイスに座り、遅れて来たファリミリーキャンパーの設営の様子を見たり、子供たちが遊んでいるのを見ながら、2人でビールを飲む。
ただそれだけ。
ゆっくり時間が流れ、子供たちの笑い声、虫の鳴き声、風の音が心地よい贅沢な時間です。

ひとつ気になったのは、あるファリミリーキャンパーが、テント設営中ずっと車のエンジンをかけていたことです。
隣の人の迷惑にもなりますし、そうゆうのは控えたほうがいいと思いました。



トイレに行くついでにサイト内のテントを見てまわりました。
みなさんのこだわりの道具を見てまわるのも、キャンプの醍醐味です。
そして来た時から気になってた​NORDISK​のテントを見に行きました。
やっぱオシャレですわ!
その方のInstagramを見つけたので拝見すると、取材を受けるほどのオシャレキャンパーでした。
横目でチラチラ道具のチェック。
テーブル、チェア、ラック、ランタン…すべてがオシャレ。
憧れますわ。
うちもいつかNORDISKにしたいです。



テントに戻りビールもう一本ビール。
なんてしていると時刻は17時。
そろそろ晩ごはんの準備です。
前述の通り、今回は久しぶりにベタにBBQ。
炭を入れて火をおこしさえすれば食べれますからね。

はい、お肉。

B831F5B5-373B-4DC8-B7D7-61A1ECC1B601.jpg

なかなかの肉の厚み。
エビやら畑で採れたジャガイモのホイル焼きやらも乗せてます。
中に少し赤みが残る程度に焼き、切り分けて食べます。

416DDC48-1FEA-40D0-85BD-C8F06EBC488E.jpg

美味い!
何を食っても美味い!
外で炭火で焼くとなんでも美味くなる法則!
そしてビールがすすむ!

しかし、お肉が苦手なお年頃のあっきー&よぴこは、この一枚でギブアップ。
他にも肉を買ってるのに…。
あとは恒例の干物タイム。

A4E486F2-2524-432A-A672-0EA24B607BB1.jpg

今回は鯖の干物。
脂がのって美味い!
あっきー的には肉より美味い!

お腹が満たされた頃、あたりは暗くなり星が見えはじめました。
Tシャツでは少し肌寒く、薄手のジャケットを一枚羽織りました。

B865DA37-B9D4-4D08-A3E8-DA2581B5B7A8.jpg

テントの写真が下手くそ。


よぴこは三脚にデジイチをセット。
ビールをワインに代えて、しばし星の撮影会。
北斗七星が近い!
きれいに北斗七星が撮れました。

タープの外にイスを持ち出し、ワインを飲みながら星空を眺めます。
こんな時間が幸せなのです。
テント設営後のだらだらタイムもそうですが、何も張り切って動き回る必要はないのです。
子供さんがいる場合はそうゆうわけにはいかないでしょうが、2人ですからとにかくゆっくり。
体と心を休めるために、自然の中にキャンプに来るのですからね。

22時に就寝。
この季節でも寝袋は必須ですよ。
お忘れなく。



朝6時前に起床。
すでに太陽は高くなってますが、あっきーには肌寒い朝です。
顔を洗い、歯を磨いて、コーヒーを飲んだら朝ごはんの準備。

目玉焼きと厚切りべーこん、レタス、キュウリを挟んだら出来上がり。
オニオンスープはあっきーの担当です。

4A51F38C-595A-43BE-A71F-244E83F5F0BB.jpg

もちろん野菜は畑で採れたものです。


朝ごはんを食べたら登山の予定でしたが、あまりの気持ちよさにテントでごろごろ。
ついうっかりうたた寝。
登山は次回にお預けとなりました。


2人で手際よく道具の片付け。
10時には下山しました。


ここのキャンプ場は水場もひとつ、トイレも少し歩きます。
そして何もない。
でも快適なのです。
体と心を休めるのに快適な環境。
帰りたないなと思いました。
3連休やし2泊したらよかったなとか…。
夏のうちにもう一度来たいと思います。



後片付け中すでに暑かったです。
帰る途中で標高450mで32℃ありました。
Twitterで確認すると和歌山は灼熱地獄。
やっぱ、帰りたく…ない。


あっきー。

posted by あっきー&よぴこ at 11:47| Comment(2) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

釣り日記 ~Day Dream Angler~ よぴこ2匹目のタコ編

まいど、あっきーです。




先日のことです。
仕事中に​名前を見ただけでわくわく​する神社を発見しました。


​大多羅乳女神社


名前はかなりのセクシー神社っぷりです。
そりゃもう​巨乳の巫女さん​揃いなんでしょうね。
お賽銭とゆうサービス料を支払って、巫女さんとお神酒が飲めたり、好みの巫女さんを指名したりなど、妄想は膨らみます。
なにやら​御神体​や御本尊​とゆうワードまでエロく思えてくるから不思議ですね。
いつか​参パイ​したいと思います。




とゆうことで、今回は残念ながら、わくわくセクシー神社のお話ではなく、タコのデイゲームのお話です。
がっかりしないで、お付き合いください。




7月8日の土曜日。
大潮でのデイゲーム。
12時前が干潮の潮どまりで、18時半の満潮に向けて上げてくるタイミング。
自宅から車で20分ほどの某漁港に、15時ごろエントリー。



着いてすぐ壁に張り付くタコ発見。
よぴこは偏光グラスをつけてないので、あっきーが代わりにタコエギを落とします。
一発で抱きました。
が…


壁から離れず、やっと離したと思ったら逃げられました。


その後あっきーは9.5pのミノーでツバス狙い、よぴこはタコ釣り。
なんのチェイスもありません。


2人とも何も反応がないので、場所を移動して今度はカマス狙い。
先日釣れまくったポイントです。
ミノーは5pに。

7673F612-6E2F-4E7D-A236-A5EAE81E0481.jpg

よく見るとリアフックが一本折れてます。
これ帰るまで気づきませんでした…。


先日の爆釣が嘘のような静けさ。
チェイスはサバのみ。
サバはいらないので食われる前に早巻きで回収。



あきらめて元の場所に戻り、よぴこのタコ釣りを見守ることに。
一番最初にタコを見つけたところを重点的に攻めていきます。

何も反応がないので、飽きてきたあっきーは、少し歩いて周りの様子を見てました。
すると



​釣れたよー!



​とゆう声が。




すげえ小さいけど釣れてます。
写メを撮る間を与えず、すぐさまネットに放り込むよぴこ。
ブログ用に写真が撮りたかった…。


とにかく釣れてよかった!
あっきーは盛大にホゲましたが…。


1匹釣れたので17時で終了。
帰ってタコで一杯やります。




A60339E0-CFE7-4B37-906B-D9FD413E6E4E.jpg

ちと可愛いサイズですが、まだ生きています。
塩でヌメリをとり軽く茹でます。

A202A0E7-BFF1-4F74-9A24-1654FCB9798B.jpg

8E173C3E-7B3A-471D-B495-71AABB84D614.jpg

良い色で茹でるために、醤油を一滴たらしています。


そして茹であがり。

348F6971-7E2B-40A6-A5E0-49A3509C9A54.jpg

脚が丸くなって、さらに可愛いサイズに。


それを刺身に。

F6EFC945-6C45-4D9E-94F7-6448F39A8EB2.jpg

わさび醤油と二杯酢でいただきます。

小さくても噛めば旨味が口の中に広がります。
よぴことタコに感謝です。



さて、タコで一杯やった後は、DJイベント
​魁‼︎おやじ塾​に参戦します。

DC38954B-7298-474C-9980-51EFA5796E60.jpg

出演者がほぼ友達とゆう、身内イベントなのでブログには書きません。
ダメなおやじ世界一決定戦にギャラリーとして参加してきます。

今回は、よぴこ2匹目のタコ釣りのお話でした。

あっきー。



posted by あっきー&よぴこ at 18:56| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする