2016年10月30日

本州最南端、潮岬でキャンプ!1日目

まいど、あっきーです。


秋の行楽シーズンですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

われわれ2人は秋のキャンプシーズン開幕とゆうことで、和歌山県串本町の潮岬キャンプ場に行ってきました。

今年のキャンプは3月に始まり、月1ペースで行ってました(7月20日ごろから8月の末まではファミリーキャンプで混むので行きません)が、9月は残念ながら行けませんでした。
10月もギリギリですが、なんとかスケジュール調整して、行けるようになりました。

今回は本州最南端、潮岬でのキャンプのお話しです。


10月29日
荷物を積み込んで午前10時に出発しました。

3B29D046-01B0-40DC-94A6-7D9B68509A26.jpg

阪和道から紀勢道に入り、終点のすさみ南で下車。
そこから国道を走って潮岬キャンプ場を目指します。
12時に到着しましたが、すでに先客が数組いました。
場所を確保するために、先にテントとタープを張ります。
張り終わったら昼ごはん。

4669318C-5964-45BD-AE02-42469A1C3A34.jpg

外で食べると何でもごちそうですね。


昼ごはんを済ませたら食材の買い出しです。
向かったのはパン屋のnagi。
007AAF7F-C7AA-4FC8-B048-D4850768DF66.jpg

以前にもブログで紹介しましたが、お気に入りのパン屋です。
朝ごはん用にと買いに行ったのですが、さすがに人気店なので残りわずかでした。
他府県ナンバーの車がたくさん停まっており、人気のほどをうかがわせます。

次は最寄りのスーパーAco-op。
こちらでは夜の食材を調達しました。
寒いことを想定して、お鍋の具材とワインも購入。

次にホームセンターのKOMERIで、蚊取り線香を買いました。
さすがに蚊はいないだろうと、荷物から抜いてきたのですが、テント設営中に2人とも刺されました。
さすが南国・和歌山です。
めっちゃ暑かったです。
長袖Tシャツ1枚でじゅうぶんです。
それでも汗をかきました。
もうすぐ11月ですが、和歌山にキャンプに行く際は、蚊取り線香か虫除けスプレーを持っていくことをお勧めします。


買い物を済ませキャンプ場に戻ったら、道具類を車から降ろしてセッティングです。

A15217AC-9A63-4D9C-9E7F-DD81239CA3A0.jpg4DC9B367-FD80-40E8-A4B5-017192870C75.jpg
066FED44-B96C-46F5-A4EC-5564B2D9AB01.jpg

それぞれにお気に入りの道具を並べていきます。

数年前のキャンプは道具の自慢大会のように、便利で大がかりな道具を持っていってました。
設営と後片付けで疲れ果て、帰る頃にはクタクタでした。
キャンプとは大自然で癒され、リラックスし、疲れをとるために行くのだと気づいてからは、荷物は必要最低限。
設営も後片付けも楽なものを持っていくようにしてます。


道具のセッティングが終わったら、それぞれ自由時間です。
よぴこは散歩に出かけ、あっきーは釣りです。

ここから釣り日記 ~Day Dream Angler~ショートバージョンをお届けします。

C49AB7E2-759D-4D99-A18C-D74D9108EF59.jpg


車で5分ほどの名もなき(名前を知らないだけですが)漁港。
いつも通りのジグヘッドTICTアジスタ!0.8gに同じくTICTのメタボブリリアントで攻めます。
着いてすぐ釣れました。

34F625A7-D0A0-448A-9E79-234E5B3E54E1.jpgAFA3CE02-03C4-4F8E-ADBD-FCAC38630E11.jpg

和歌山市内ではあまり見かけない魚たちです。
これはアジの活性も高いのでは?と期待は高まります。




​爆釣です!



​こいつが。

10DB45C8-3BEF-4825-8783-09401AED6778.jpg

何匹釣れたか数えるのもめんどくさいです。
てゆうかアジどこ?

けっきょく場所を移動しましたが、アジの姿を見ることはなく、17時半頃の潮どまりで終了。
よぴこの待つテントへと帰ります。


キャンプ場へ戻ると、よぴこが晩ごはんの用意を済ませ、お腹をすかせヨダレを垂らして待っていました。
ほんとに食いしん坊です。

昼間は暑かったですが、夕方には涼しくなりました。上着を1枚羽織り、いざ晩ごはんです。

27D7AA97-4F81-4C25-9181-9685E2B8DC5C.jpg

鍋の素に具材をブッ込んだ鳥塩鍋です。
体の芯から温まります。
シメは中華麺を入れた塩ラーメン。
とても美味しかったです。


ひとしきり食べたあとは、焚き火を囲んでのワイン。

8FA81F94-4996-4BE6-BBF8-B13E336F4086.jpg

寒い時期のキャンプは焚き火が欠かせませんよね。
何をするわけでもなく、ただ炎を見つめながら、とりとめもない話をする。
とてもゆっくり時間が流れます。


ワインを飲み終わり、火の始末をしましたが、まだ寝るには少し早い時間。
空を見上げれば満点の星空。
2人で星を見ながら散歩することにしました。
肉眼でも天の川が見えます。
この季節に天の川が見えることを知らなかったので感動でした。
本州最南端の展望デッキまで歩くと、太平洋に浮かぶ集魚ライトを灯した漁船が一艘。
新月で月の灯りもないので、暗闇の中に船が浮かんでいるような、とても神秘的な景色でした。

ここで1人の男性と知り合いました。
わざわざ大阪から新月の休みを狙って、星を見に来たそうです。
話を聞くと年に何度か訪れては、星を見て癒されているのだとか。
その方は双眼鏡を三脚にセットして、われわれ2人にアンドロメダを見せてくれました。
肉眼では見えない星の数々に2人はまた感動。
とてもいい出会いでした。

感動した帰り道、宮藤官九郎監督のコメディー映画、少年メリケンサックで流れる
「アンドロメダお前が〜」
とゆう、なんとも間の抜けた曲を口ずさみ、ムードをぶち壊したあっきーでした。


テントへ帰った2人は、テント内にガスボンベ式ストーブを持ち込み、もう一本だけ飲むことに。
コンパクトなのに、とても暖かくて便利です。

416E0761-F296-4E26-A998-017AEA4182FA.jpg92123D87-1DAD-4FE2-A7F9-FD25ED2847B4.jpg

なによりガスボンベ式でカセットコンロと共有できるので、燃料類が少なくて済みます。
そして便利なことに、寝かせてケトルを置けば、コンロとしても使えるのです。
アウトドアはもちろん、災害時の備えとしても使えます。
この季節なら外でも足元に置けば、じゅうぶん温まります。


お酒を飲み干し、テント内も温まったところで、寝袋へIN。
いつものキャンプより少し夜ふかしなのは、星が綺麗だっからでしょう。


とゆうことで1日目はおわり。
おやすみなさい。
2日目につづく。

あっきー。


posted by あっきー&よぴこ at 21:15| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

畑の冬支度

こないだの休日は畑仕事に精を出しました(╹◡╹)
まずは夏前から育ててる大豆と落花生の収穫!
落花生は3年目になりますが、大豆は初挑戦。
植え付けから収穫まで半年ほどと長期間なうえ、収穫してからもカラカラに乾燥させて鞘から取り出す作業があるのでなかなか手間がかかります。

夏の間はカメムシにも悩まされたのですが10月も終わりになってもまだ少しカメムシがついていました。

IMG_9516.JPG

本当は植わった状態でもっと枯れさせてから収穫するほうがいいようなのですが、この場所をあけないと玉ねぎが植えられないのでもう抜いてしまいます( ˘ω˘ ) 

家に納屋があれば枝付きの状態で乾燥させたいところですが、ウチは賃貸。そんな場所はありませんのでチマチマと鞘だけをはずしました。

IMG_9525.JPG

オレンジ色の玉ねぎネット4つ分にもなりましたが、さて大豆として正味どれくらい収穫できるか、、、それはもう少し先のお楽しみですw

お次は落花生の収穫。
落花生は去年落ちた種から芽が出た己生えと去年収穫したものを乾燥させておいておいたものを種まきしたものとで10株くらい植えました。
順調に成長していたようで、豊作豊作╰(*´︶`*)╯♡ 
IMG_9519.JPG

IMG_9520.JPG

IMG_9523.JPG

おそらく5キロくらいありました( ˘ω˘ )
土を落として生落花生の塩茹にしたものは作ったものの特権です。
めちゃくちゃ美味しいのです♪
生落花生はなかなか和歌山の市場には出回りませんので貴重ですね。
これが食べたくて育ててるようなものです。

IMG_9458.JPG
大豆と落花生を抜いたあとは、大家さんに借りた耕運機で耕し、玉ねぎとニンニクの植え付け準備をしました。

春に収穫するためにはこの時期から植えておかなければなりません。野菜が高騰していて高いので尚更作らなければ。玉ねぎは料理によく使いますし、常温保存ができるので毎年必ず栽培します(╹◡╹)

耕したあとは穴あきマルチを引いて穴に1つずつ苗を植えていきます。

IMG_9529.JPG

IMG_9530.JPG
玉ねぎ150個、赤たまねぎ50個、ニンニク50個を植えて今日の作業は終了です。

ニンニクは一片ずつ浅めに植えるのですが、去年本で読んだ方法を今年も試します。それは皮を剥いて裸にして植えるというもので、裸にすることによってニンニクが土や環境に負けまいと強く大きく育つもいうのです。

去年少しのニンニクで試したのですが、皮のまま植えたものより大きく立派に育ったのでその方法がよかったんだと思っています。今年は半分くらいを裸植えしました(^ω^)
来年収穫する時が楽しみです。

よぴこ
posted by あっきー&よぴこ at 21:14| Comment(0) | 野菜づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

釣り日記 ~Day Dream Anglar~

まいど、あっきーです。


今日は久しぶりに和歌山市の加太漁港に、アジングに行ってきました。
勤めている会社から近いので、道具と着替え一式を積んで出勤したので車で着替えます。

今年の夏に1度アジングで訪れた時は、豆アジがたくさん釣れました。
その豆アジたちが、どれくらい大きくなっているか調査です。
ちなみに夏に来た時は、夕まずめにシンキングミノーで、30pほどのカマスを数匹釣りました。
タダ巻きで釣れるのでお試しあれ。


今日の潮はこんな感じ。

5A451D2D-347A-429B-B5A1-BE1853A72413.png


いつも通りTICTのアジスタ!S 0.8gに、同じくTICTのメタボブリリアントのリアクションシルバーでスタートします。
この組み合わせは去年ここで爆釣した実績があり、それ以来あっきーのフェイバリットリグになりました。
どこの漁港へ行っても、この組み合わせでスタートすることがほとんどです。


6時半ごろエントリーして即アタリが。
いつもの小アジくんです。

29CA403E-7CB8-4F9D-869E-4071AC9EB8E2.jpg

このサイズが何匹も釣れますがリリース。

釣れたアジを落とさないかと、ノラ猫くんが狙ってます。

5FD7598C-8FE0-434A-AE26-97B3756F6EBE.jpg

15ED68EB-46EA-48AD-BA1D-B4ED5AE4CCCE.jpg

あまりにもサイズが小さいので、レンジを深くしていると、コンッとゆうアタリの後に強烈な引きが!
デカアジ来た!





と思いあげてみると尺オーバーのカマス。
しかも4連チャン。
最後の1匹は取り込みの際にラインブレイクするほどの大物でした。

残念ながら写真はいちばん小さいカマス。

096E52AE-E0CE-4351-84AF-E6C9D1A290DF.jpg

手前に手があるのでわかりにくいですが、尺近くありますよ。


アタリが遠のいたので、大阪府泉南郡岬町の小島漁港へ移動。
こちらでも小アジくんが迎えてくれました。
でも君じゃなくて、

​お父さんかお母さんを連れて来てね。

と優しく声をかけ、海に帰ってもらいました。



今日のアジングは、これにて終了。

最後にエステルラインを使った感想ですが、確かにPEより風に強いかも。
でもアジの感度がモサッとした感じでした。
ん?と違和感を感じてアワセると、アジが釣れてるみたいな感じですね。
カマスはコンッとゆうアタリで、甘噛みかなと思ったら食ってた感。
慣れるまで時間がかかりそうです。




※釣り場とタックルの情報

【釣り場】和歌山市の加太漁港、大阪府泉南郡岬町の小島漁港

【ロッド】major craft ライトゲーム用ロッド7.3ft ソリッドティップ
【リール】Daiwa レブロス 1003
【ライン】TICT joker 0.3号
【リーダー】Daiwa 月下美人 フロロ 3lb
【クリップ】TICT ラクリップ
【ジグヘッド】TICT アジスタ! S 0.8g
【ワーム】TICT メタボブリリアント リアクションシルバー、TICTフィジットヌード リアクションシルバーとアミレッド
posted by あっきー&よぴこ at 23:10| Comment(1) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする