2016年09月30日

秋の味覚!栗の渋皮煮とオリーブの塩漬け準備

秋雨前線が活発な今日このごろ、パッとしないお天気が続いていますね。
秋の夜長でもありますし、そんなときは夜仕事しちゃいましょう♪

そもそも栗と日本人の歴史はとっても長く、5500年前の縄文時代から栗は食べられていたそうです。
日本の栗は渋皮が剥きにくく、渋皮のタンニンがとっても強いです。でも中の身はあくが少なくて上品な味わいが特徴ですね。なので茹でる調理に向いています。いっぽう中国の栗は味が濃く皮がむきやすいため焼き栗に向いているそうです。なるほど!天津甘栗!!!と妙に納得したのですが、天津甘栗は日本に住む中国人が天津港から輸入されてくる栗を使って甘栗のお店を開業したのが始まりだそうです。

栗の主成分はでんぷん質ですが、イモや穀物とは違い樹上でとれる浄化された貴重な
でんぷんなのです。なるほど上品な味というわけです。

渋皮にはポリフェノールの一種であるタンニン・プロアントシアニジンを多く含んでいるので、体内の活性酸素を取り除いてくれる働きがあるようです。活性酸素はガンや万病のもとと言われていますので、栗の栄養価はとても優秀ですね♪

さて、先日仕入れてきた栗を今年2度目の渋皮煮します。
前回作ったものが好評でしたので調子に乗ってます(笑)

まず、栗は1晩から1日ほど水に浸しておいて鬼皮をやわらかく剥きやすい状態にします。
image-97765.jpeg


そしてひたすら鬼皮を剥いていきます。これがしんどい。

途中剥いた栗は乾燥しないように水につけておきましょう。

全部剥き終わったら、栗をお鍋に入れて、被るくらいの水と重曹を入れ10分くらい煮ます。
このとき、沸騰したら弱火にしましょう。

image-b6777.jpeg


すぐに水は真っ黒になってきます。これが灰汁なんですね。

image-3a0e1.jpeg

10分経ったら、鍋に水を流しながら、栗をひとつひとつ洗っていきます。
その時、渋皮についている繊維を丁寧にとりましょう。
この作業を2回繰り返します。
3回目は重曹なしでOKです。

渋皮がキレイになったら、お鍋に栗とお砂糖をいれ、弱火にかけていきます。

image-b4f40.jpeg

お砂糖焦げないようにゆっくり溶かしていきます。ときどき、お鍋を傾けたり回したりしながら
栗とお砂糖をなじませていきます。

image-c3302.jpeg


お砂糖がすっかり溶けて液状になったら5分ほど煮て火を止めます。
そのまま一晩おいて味を落ち着かせます。

image-2fab2.jpeg


翌日、栗からの水分と密を絡めるためもう一度火にかけます。
栗だけを取り出し保存容器に入れ、密の粗熱がとれたら栗の入った容器に入れましょう。
1,2日そのまま常温で置いて完成です!

image-970b3.jpeg


【分量】
栗500g
重曹 大さじ1を2回
上白糖 500g

栗の後はオリーブオイルの塩漬け準備です(^ ^)
もぎたてのオリーブの実が手に入ったので、初挑戦!

まず灰汁抜きをするのですが、これが根気のいる作業です。苛性ソーダという劇薬?を使えばすぐに灰汁抜きできるそうなのですが、取扱いが大変そうだし、なんだか怖いので私は水での灰汁抜き方法を選びました。
2週間、毎日水を変えるだけなんですけどね。
簡単だけど、根気がいるでしょう?(笑)

今日の作業は水で洗って漬けるだけ!

image-24592.jpegimage-863fc.jpeg
漬けるときはオリーブが完全に水に浸かるように落し蓋をしておきます。
これであくがとれるのか少し心配だけど、これから2週間、毎日かかさず水替えしますよー!

買ったほうがラクじゃない?と言われそうだけど、美味しいものを食べるためには労力は惜しみません(^◇^)仕上がりにわくわくです♪

よぴこ
posted by あっきー&よぴこ at 17:00| Comment(0) | よぴの手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

あっきーの釣り日記

まいど、あっきーです。


今週の和歌山市は雨の日が続いてます。
火曜日だけ晴れたのですが、その日は極端に暑いとゆう、メリハリの効きすぎた天気です。


そんな天気が続いてますが、29日の木曜日は、ほぼ新月の大潮です。
釣果も期待できそうです。


そんなわけで、和歌山市の和歌浦にアジングに行ってきました。
朝から雨が降っていましたが、4時頃には雨もあがり、少し肌寒いほどです。


和歌浦にある老舗の中華そば屋、まる木で腹ごしらえです。
3AAF9B74-6819-4B56-8B2B-07F4C12C6F7E.jpg



そして19時ごろ、いざ漁港に着いてみると、かなり濁ってます。
ベイトの姿も見えません。
しかも湾奥なので、潮が入れ替わるのに時間もかかりそうです。
念のため数投しましたが、アジどころか他の魚からも反応がないので、移動することにしました。


次に向かったのは、和歌浦から田ノ浦漁港に抜ける遊歩道。
ここはエギングの人が多いのですが、根掛かりも多いため、あっきーはガシラ(カサゴ)狙いで、真冬によく来るポイントです。
さすがに外海に面してるので、濁りは少なめで、底も目で確認できます。
足元にはフグの群れがいますが、常夜灯の明暗部に何か群れを発見しました。
キャストしてみるとアジでした。

0A16A9EE-B4B3-4DF6-BDF6-A29CA25C5BF8.jpg

可愛いサイズですが、嬉しい1匹です。
その後もアタリは連発するのですが、なぜかフッキングしません。
なのでサイズアップすべく、遊歩道を田ノ浦方面へ進みます。


すると、あっきーの釣りの師匠、ばねこくんにガシラがヒット。

C31D6C96-8E14-4318-995E-E4A2885F95A8.jpg

これも可愛いサイズですが、嬉しいゲストです。


直後にあっきーにもガシラがヒットしますが、取り込む際にバレました。
残念です。


ガシラの反応はあるのですが、アジからの反応はありません。
来た道を引き返し、最初に釣れたポイントへ帰りましたが、潮が引いてしまい、見えていたアジもいなくなってました。


もう一度、最初の湾奥に戻りますが、とうぜん濁ったままです。
そもそも生命感がありません。


とゆうことで移動しました。
次にやって来たのは、雑賀崎漁港です。
こちらは湾内も濁りはありません。


さっそくキャストしてみると、いい反応が返ってきます。
でも掛かりません。
キャストするごとにアタリがあります。
とにかく高活性ですが、フッキングしません。
15から20カウントですから、釣れればなかなかのサイズと思い、ワームを変え、カラーを変えした結果、ついにばねこくんにヒットです。
あがってきたのは…

​豆アジです。

​2人で呆然。
あんなに苦しめたのは豆アジだったのです。
あまりの小ささに写真を撮るのを忘れました。
その後も釣れるのは豆アジ。
こんなに渋いアジングは初めてと、ばねこ師匠も言ってました。


そして最後は師匠とダブルヒット。
しかも2人で同時に取り込みで落とすとゆうオマケ付き。
これには2人で声を出して笑いました。


これにて本日のアジングは終了です。


ほぼ新月の大潮とゆうこともあり、けっこう期待してましたが、釣れるのは12から15pでした。
でも、いろいろな課題も見つかり、遊んでくれた豆アジくん達に感謝です。
また遊んでね。


そんなアジングのお話でした。

あっきー。


※ポイントとタックルの情報

【ポイント】新和歌浦漁港、和歌浦遊歩道、雑賀崎漁港
【ロッド】major craft ライトゲーム用
ソリッドティップ 7.3ft
【リール】Daiwa レブロス1003
【ライン】ラパラ PE0.3号
【リーダー】Daiwa月下美人 フロロ3lb
【ジグヘッド】TICT アジスタ!S 0.8g
【ワーム】TICT メタボブリリアント リアクションシルバー、rainsアジキャロスワンプ オキアミレッド



posted by あっきー&よぴこ at 23:00| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

野菜を余すところなく使う方法、べジブロス!

野菜を菜園で作っていると、同じものがたくさんとれるときがあります。
先日まで収穫が続いてた夏野菜でもそんなことがありました。
1年分のナスを食べたんじゃないだろうかと思うほど、毎日ナス祭り(笑)
ナスって1本の木から多いと100個ぐらい収穫できるそうです。

食べきれないときはおすそ分けはもちろん、だいたいは干したり、加工して冷凍したりするので美味しい実の部分は大地の恵みに感謝しながらすべて頂いています。そんなたくさんの野菜を台所で処理していると、ヘタや皮の部分も結構な量がでるんです。乾かして土に混ぜて堆肥にしたりもしますが、なんかもったいない!!

ということで、私がよくするのが野菜の捨てる部分でスープをとる「べジブロス」という方法です。
野菜の栄養は皮の部分やヘタの部分に豊富なことが多いんです。

野菜の細胞内にはファイトケミカルという抗酸化作用があって免疫力を高めてくれる成分がたくさん含まれています。皮やヘタ、種の部分など今まで捨てていたところに含まれる細胞内のファイトケミカルは加熱することで細胞の外へ溶けだすそうです。スープにすることで効率よく濃縮された野菜の栄養成分を体内に取り込むことができるんです♪

べジブロスで出来たスープはお出汁変わりになるので優れもの。
お味噌汁の出汁にしたり、煮物の出汁にしたり使い方はいろいろです。
もちろん味も抜群で野菜の甘みやうまみがたっぷりです。
私は残留農薬が怖いのでスーパーで買った野菜はよーく洗って使用しますが、畑で採れた無農薬野菜なら安心してヘタでも皮でもささっと土を落とすだけで使うことができます。

べジブロスのいいところをまとめてみましょう!

・野菜のうまみがたっぷりのスープ(出汁)は料理の美味しさを引き立てる。
・捨てるところがないので野菜を余すところなく使える。
・免疫力や抗酸化力がアップする。
・ファイトケミカルには抗ガン作用がある(そうです)。

1日で野菜くずがたくさんないときは冷蔵庫で貯めて、まとまってからスープにしてもいいと思います。
そしていろいろな野菜を入れるととってもキレイな色のスープになるんですよ♪
これからは大根や白菜など冬野菜の季節ですので、べジブロスもたくさんできそうです。

注意したいのは使う野菜。
たまねぎの皮や大根の皮、白菜の外葉、ニンジンのヘタや白ネギの青い部分やトマトのヘタなどはとても向いていますがキャベツやブロッコリーは入れすぎると独特の風味がキツくなってしまうので、たくさん入れるのは控えたほうが美味しいと思います。

いろいろな野菜で試して好みの味を探すのも楽しみですね!
image-b909d.jpeg

posted by あっきー&よぴこ at 23:00| Comment(0) | くらしの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする